散髪台で切れかかるin渋谷

久々の床屋ネタ。

床屋で散髪してもらうときに皆さんは、髪型、刈り方などに細かく注文を付ける方ですか、それとも理容師さんに任せてしまう方ですか。

私は絶対的に後者です。
二言三言注文して、あとは理容師さんに任せてひたすら安息の時を過ごしたい方。誰が何と言おうと、オホン。

昨日、いつも行く渋谷の床屋さんで私の頭を刈ってくれた赤い上っ張りの理容師さんは前者、つまり細かい注文を受けて仕事をするタイプの人でした。年齢は30前後とお見受けしました。

順番が来て呼ばれ、散髪台に腰掛けてからのやり取りを再現してみます。

理「今日は、どのようにしましょう」
私「後ろを刈上げて、上の方も短くしてください。あ、刈上げは耳ぐらいの高さで・・・」

ここで赤い理容師さんの眉が微妙な角度になりました。

理「ん?お客さん、今何とおっしゃいました?刈上げの後に・・・」
私「刈上げは、耳ぐらいの高さでお願いします」
理「耳ぐらいって?どういうことです?ちょっと意味が分からないんですけど」

(しまった、めんどくさい人に当たっちゃった・・・。寒い時期だから生え際がすっきりする程度で良いのだけど・・・)

私「あ、じゃあ刈上げの高さは、低目ってことで」
理「え?刈上げって生え際から2センチとか3センチとか言ってもらわないとこっちは出来ないんですよね~。あとバリカンは何ミリにしますか?」
私「(勘弁してよ、何ミリのバリカンがあるのかも知らないし)え~と、任せます・・・」
理「じゃあ、3ミリにしておきますね、○#☆×△※■×▲◎▽※#○□・・・」

赤い理容師さんは更にいろいろ言って来ましたが、この時点で私の心は切れかかってていました。

私(早く始めてくでぇ・・・、目を閉じたいのじゃぁ・・・)
理「あと、もみ上げはどうします?今ぐらいの長さが普通ですけど」
私(んなこたぁ気にしてないからさ~)「今と同じで・・・」
理「あ、普通の長さでいいんですね?」
私(も~、好きにして)

ここまでやり取りして、白布が掛けられやっと散髪の準備が始まりました。やれやれ。
・・・と思ったらまだ続きがありました。

理「お客さん、さっき耳の高さって言ってましたけどその言い方って私も分からないし、ほかの理容師でもたぶん分からないと思いますよ。因みにどれくらいのことを仰ってたんです?手で示してもらえませんか」

(けんか売ってんのか、こいつ)と思ったけど店内満席の散髪台の注意が全てこちらに向いていたし、ここで若い理容師さんに向かって言葉を荒げるのも大人気ないと思い、掛けられた白布から手を出して適当に示しました。

私「こんなもんかな・・・」
理「ん~それじゃあ分からないな~、やっぱり生え際から何センチって言ってもらわないと○#☆×△■×▲◎▽※#○□・・・」
私「・・・じゃあ、次回はそう言いますよ」

赤い理容師さん、まだ言い足りないようでしたが作業自体は始まっていたので、私は目を閉じひたすら作業の完了を待ちました。とても安寧とはいえない気持ちで。

結果的には割りと上手な仕上がりだったので良かったけど、これで刈り方が下手だったりしたら完全に切れたでしょうね。

散髪が終わってやっと開放された私に、赤い彼はこう言いました。

理「お客さん、今日は3ミリのバリカンを使いましたから、これで良かったら次からはそう言ってくださいね」
私「(はいはい・・・)」

赤い君へ。
あなたは日々真剣に仕事に取り組んでいるのだね。過去には、うるさい客に出会ったりいろいろな苦労があったのだろうね。でも、髪型や刈り方を気にせず理容師に任せたい私のような客もいるのだよ。

その見分けが付くようになったとき、あなたは本物のプロになれると思うよ。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください