ケルビム号をメンテナンス

実家に置いてあったたケルビム号を引っぱり出してきて掃除とメンテナンスを始めました。
何で急に始めたかというと,若い頃に熱中していた自転車いじりを最近何となく再開したくなったのと,ここ何年か愛用していたダイクマ印軽快車を家人Dが乗り始めて,自分が使いたいときに使えなくなってしまったからで,もう20年以上放ったらかしにしていたため錆と埃にまみれ,タイヤ・チューブとプラスチック製部品の一部は交換する必要があります。
今朝の状態です。


チェーンホイールはSUGINO製プロダイナミックにTAの42×30。
アルミ合金製ですが細かい錆が浮いているので,外してワイヤーブラシで丹念に磨きます。

リア変速機はフランスのサンプレックス プレステージ(SUPER LJ)。これも丁寧に埃を落として回転部に注油します。よく見たらプーリーはユーレーのベアリング入りに交換してありました。(20年以上前にやったのを忘れていた。)

 

フロント変速機も同じくサンプレックスのクリテリウムですが取り付け台座の樹脂部品が割れてしまっていて使用不能です。今や貴重なスライド式で気に入っていた部品ですが,残念ながら他のものに交換しなければいけません。

ダイナモもフランス製,猫のマークのソービッツ,12N(かな?)。小型でとても優雅なデザインです。錆を落としたらピカピカになりました。さて発電機能は如何に?

この他に全体の埃と錆落とし,ブレーキやワイヤーに注油,ボトムセットとヘッド金物のグリスアップくらいまでで今日は時間切れでした。
明日は交換の必要な部品の調達を兼ねて学生時代からの友人宅を訪ねてみます。

99.関係ありそうな記事

(Visited 92 times, 1 visits today)

3件のコメント

  1. 私の父(同居中)は若かりし頃、自転車会社に勤めていました。
    今乗っている自転車は35年前の自転車です^^;
    父も部品を交換したり、あちこち磨いたりして大切に乗っていますよ!
    父の自転車はhideandseekさんのような素敵な自転車ではありませんが
    無骨ながらいい味をだしている昔々の自転車です(見るからに、かなり頑丈です)。
    物を大切にする気持ちってとても大事ですよね。。
    父は孫たちにその心意気を伝えたいようですが
    『今の若いもんは・・ダメだなぁ。。』とお決まり文句を連発です。。
    いつまでも大切に乗ってあげてくださいね。。
    ちなみに。。私の自転車は15年ものです^^;

  2. maaさんの自転車は15年もの! お父上のは35年もの!!
    maaさんに銀メダル,お父上には金メダルを差し上げましょう。(笑)
    ひょっとしてこんな感じの自転車でしょうか。
    http://img.store.yahoo.co.jp/I/joy_1890_18514043
    私も見習ってケルビム号を部品を交換しながら大切に乗りたいと思います。
    因みに今日は20年以上の歳月で硬くなっていた革製サドル
    (石焼きビビンバの石鍋に座っている感覚でした。)を交換しました。(汗)

  3. わぁ~い\(^o^)/銀メダルありがとうございます!!
    父にまで。。^^;すみません(^_^;)
    そうです!そうです!
    こんな感じの。。ハンドルのところが真っ直ぐなんですよね。。
    荷台もしっかりしていて重たいようで軽いって言うのかなぁ。。
    そんな感じなんですよねぇ~^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください