Currently browsing category

缶チューハイ(酎ハイ)の晩酌をやめたわけ

筆者にとって晩酌は大事な生活習慣で、休肝日を潔しとしないポリシーはここ数十年間揺らいだことがありません。   ー ここでいきなり蛇足になります。 γ-GTP、尿酸値、血圧、コレステロール等々の指標は、同じく数十 …

「日本酒」と「清酒」なにが違う、どちらが優勢?

最近、お酒がブームのようですね。 本日は、タイトルのとおり日本酒と清酒について考えてみました。   0.前置き  「酒」(本稿ではいわゆる「日本酒」の意味です)に関してはいろいろな呼び名がありますが、昨今は居酒 …

明るいうちにビールを飲むなら

ウム,最近こんなに真剣に読んだ記事は珍しい。 Daily Portal Z「ファーストフードでビールを飲もう」ライターは,瞬間中東系の工藤さん。 ビールが飲めるファーストフード店をリサーチしようという企画である。その手の …

牛乳割りがリンクされました

オット、世にも稀かつ奇特なサイトを発見してしまった。 なんと当サイトの記事を紹介してくれています。4年前に書いた焼酎の飲み方に関する記事なんですがね。以下のサイトの【牛乳割り】の項をご覧ください。いやはやお恥ずかしい。 …

大都会で酒を造る小山酒造

気分転換には、日の光と風に当たるのが一番。ことに今頃の優しい日差しと乾いた風は、積もり積もった濃い目の澱もサラッと持って行ってくれます。 本日は、なんちゃってフェラーリ号(マイ自転車)で荒川河川敷のサイクリング道路を上流 …

昼間の酒は至福のひと時

最近、緑っぽい写真ばかりだったので、ちょっと倉庫を探したら・・・、ありました。   左は、以前に報告した泡盛梅酒。右は、日比谷公園のオクトーバーフェストで飲んだエルディンガーヴァイスビアデュンケル。舌を噛みませ …

酒は血筋か鍛錬か

父から聞いた私の曾々爺さんの話。 ワシの曾爺さんは、相当な酒飲みだったらしい。 ある寒い雪の日に、一里離れた麓の町に飲みに出かけた。そりゃ明治の話だ。まして埼玉の在だし、町に出ても居酒屋などという気の利いたものはない。だ …

清酒「竹鶴(秘傳)」

 やっと盛夏らしい天気になって,本日はとても暑い一日でした。  この3月,年季奉公が明けて広島から戻ってくる時に,県内の地酒を数本仕入れてきました。  何かの折に土産として遣おうと買ったものですが,幸いなことに4本目まで …

龍勢

 今期も有り難い事にボーナスが貰えたので,昨日は一生懸命,買物をしました。といっても贅沢品や趣味の品物ではなく,仕事に着て行く上着,ズボン,ワイシャツ,ネクタイ,持って行く鞄,履いて行く靴などなど。この時期を逃すと新調出 …

あじわい

このごろ気に入っているビール,ではなく「リキュール(発泡性)(1)」■アサヒ「あじわい」(メーカーサイト) この種の缶入りアルコール飲料(適切な呼び名を知らん!)の中では,上手く舌を騙してくれて美味しいと思います。 独断 …

リアルハーフ

 昨日,酒屋でもらった「さけ通信」という冊子に,『REAL HALF(リアルハーフ)』という,ビールの飲み方というのか,注ぎ方というのか,面白い記事が載っていました。グラスの中で色違いの酒が混ざらずに積み重なっているのは …

広島の酒

昨日の続きで,またまた酒の話。親戚の新築祝いに,広島の清酒を今日,発送しました。灯台下暗しで,アパートのすぐ近くに日本酒専門店があったので(汗),そこで手配をしました。その店のオヤジさんがとても詳しい人で,語ってくれた広 …

新築祝いは清酒

広島が酒どころであると,以前にも書いたことがあります。今日は,親戚の新築祝いに地酒をと思い,仕事が退けてから街の酒屋さんを廻ってみました。 目的は,職場の広島ネイティブに勧めてもらった以下の地酒。(1) 亀齢(キレイ)( …

焼酎の飲み方

家ではお茶代わりに焼酎を飲んでいます。もちろん夕食のときですけど。以前から米焼酎一辺倒だったのですが,少し飽きてきたので今日は韓国焼酎を買ってみました。銘柄は「舞鶴WHITE」。同じ焼酎甲類でも味も素っ気もない日本の甲類 …

お店の「生」って?

台風が近づいているのでビールの話でも。(全然関係ないですが・・) 居酒屋に入ると「じゃナマね,チュー!」と条件反射的に叫んでしまう今日この頃,瓶や缶のビールと居酒屋やレストランで飲む生ビールは全く同じものと聞いたので調べ …

酒の唐木屋

昨日は昼間からビールが飲みたくなり,行ったのが三軒茶屋の酒屋「唐木屋」 東急世田谷線西太子堂駅前にあるこの酒屋さんは,会員登録するとお店の中でいろいろな酒を量り売りで飲ませてくれます。店内には5,6人が掛けられる椅子席に …