Currently browsing category

生活

ウォーキングで気づく道路の凸凹と前期高齢者の願い

ウォーキングの話は今までに何度か書いていますが、今日は道路との関係について。   1.舗装道路の緩い凸凹 アスファルトの舗装道路を歩いていると、平らに見えるところでも実は緩やかな凸凹(デコボコ)がある場合があり …

尿酸値が気になる人へ、飲兵衛より愛を込めて

今日は、尿酸の話です。 健康診断で尿酸の数字が基準値ギリギリあるいは塀の上を歩いているという方、いらっしゃいますよね。   本稿では、ボーダーライン上でワナワナしている飲兵衛の初老男性(筆者含む(※1))に向け …

形見のポトスは、お盆に合わせて復活したのか

これ、家にある観葉植物のポトスです。この5月の姿。 母が亡くなったとき入所していた特養ホームからいただいてきました。 「お母様が毎日水やりされていました」とのこと。     もちろん、その頃は葉っぱが …

音楽に合わせて歩くと無心になれる

筆者は最近、休日の朝に近所を歩いています。 ウォーキングというのですかね。 いつまで続くか定かではありませんが、動機はもちろん体力、筋力の維持。   定番のコースは、自宅から徒歩25分ほどの大きな公園まで行って …

缶チューハイ(酎ハイ)の晩酌をやめたわけ

筆者にとって晩酌は大事な生活習慣で、休肝日を潔しとしないポリシーはここ数十年間揺らいだことがありません。   ー ここでいきなり蛇足になります。 γ-GTP、尿酸値、血圧、コレステロール等々の指標は、同じく数十 …

自己流口腔ケアを世間に晒して自分にプレッシャーをかける

なんの因果か歯性が非常に宜しくなくて、子供のころから虫歯をたくさん作ってきました。 先日も十数年ぶりに歯医者に通い始めたら次々に悪い箇所が見つかり、結局足掛け8ヵ月間通い続けて家人に呆れられ、自らの放ったらかしを反省した …

YogiのThroat Teaは、40年探していたお茶やもしれず

今回は、最近はまっているお茶の話を。   以前にも書きましたが、筆者はコーヒーが苦手で日常の飲み物は専らお茶なんです。具体的には、中国茶のような発酵系やハーブティーが好きでして。   で最近、近所のK …

新型コロナにやられっぱなしで面白くない

大陸から来た新型コロナウィルスの感染が国内でも拡大し始めています。   今のところ、濃厚接触や飛沫による感染が最も懸念されるので、予防には手洗い&手指消毒の励行が効果的とのこと。 さらに、大勢の人が集まる場所や …

一年のまとめ_2019

早いもので2019亥年が暮れようとしています。 皆さんにとって今年はどんな年でしたか?   世間的、世界的にたくさんの出来事があった中、いきなり私ごとで恐縮ですが、今年は長年の懸案だった個人的な課題(後述)を一 …

呼気NO濃度測定検査に筆者は救われるのかもしれない

今日は、筆者が長年悩まされている気管支炎と咳の予防と治療に一筋の光明が見えたかも、という話。     1.気管支炎と咳を繰り返して20年超 思い起こせば二十数年前、40代の頃から年に約1回の頻度で「気管支炎」っ …

歯ブラシはAquafreshがお勧めです

本日は、歯ブラシの話。   毎日使うものだけど、あまり関心が向かないものの代表格が歯ブラシだと思いますが、最近ドラッグストアで何気なく(実は安かったので)買ったAquafreshブランドのものがとても良いのでご …

走る人の気持ちが分からない、なんて言ってられない

今日は、柄にもなく走り始めたよ、という話です。   ・・・と言っても良からぬものが後ろから迫ってきたのでもなんでもなく、単純に体力、筋力の維持に目覚めたからなんであります。 腹廻りの脂肪の増殖が止まらない、階段 …

手軽にメガネが作れるありがたさ 

思い起こせば近視で学生時代にメガネを掛け始めて、半世紀近くメガネのお世話になってきました。 一番最初にメガネを作った45年ほど前(我ながら昔だ!)は、ちょうど従来からあったセルフレームに加えてメタルフレームが普及し始めた …

あの時カニは安かった…、と思う

今朝、ニッポン放送のラジオショッピングでカニラーメンを取り上げていました。それを聴いてカニがらみの昔話を思い出したので、本日はそのあたりの話を。   宴席にカニが出てくると、それまで賑やかだった座が一気に静まり …

脚力の衰えを分かりやすく気付かせてもらった件

要するに最近一番ガックリきた話です。   東京の中心部某所に関係性のとても濃い取引先がありましてね。 そちらを訪問するには、最寄りの某駅から右手に某有名神社、左手に某有名ホールを見ながら、(あれがタマネギだよお …

親の介護と実家問題の個人的まとめ【4/4】

筆者は54歳の時から約8年間、年号では平成22(2010)年末から30年(2018)12月まで家族と離れて両親が住む実家で暮らしていました。イメージとしては、たまに自宅に戻る単身赴任のようなものです。 (中略:1/4をご …