Currently browsing category

植物

生き物に手が出るのは、心身ともに安定した証拠

  最近買った盆栽を紹介します(盆栽を本妻と誤打して、我ながら吹いた笑)。 樹種は、紅葉がきれいなハゼです。 池袋西武屋上「誠香園」で見つけました。   誠香園は、東洋蘭の世界では有名なお店で、「最近 …

駅前の花屋のおじさんが笑った

仏壇に供える生花は、駅前の花屋のミニブーケに決めている。 マンションサイズのコンパクトな仏壇にはちょうどよい。   昨日求めたブーケには、濃い目の赤のランが混ざっていた。   珍しかったので、それを店 …

形見のポトスは、お盆に合わせて復活したのか

これ、家にある観葉植物のポトスです。この5月の姿。 母が亡くなったとき入所していた特養ホームからいただいてきました。 「お母様が毎日水やりされていました」とのこと。     もちろん、その頃は葉っぱが …

オオベンケイソウに花が開く

忘れるくらい前に、大宮の盆栽村で見つけた多肉の可愛い鉢植え。オオベンケイソウというらしいです。今年、初めて花が咲きました。思い起こせば、10年目くらいかな。 花が付くまですごく時間がかかったり、名前の割には可愛い花だった …

多肉に花を咲かせるぞっ、と

 こんにちは。関東地方は、昨日梅雨明けの発表がありました。昨年より19日も早いとのことで、いつにも増して長い夏になりそうですね。  さて、今日は最近仕入れた多肉2点を紹介しますね。梅雨明けとは、なんの関係もありません(笑 …

カレーを食べて幸せを感じた

雨こそ降らなかったけど桜の時期とは思えないほど寒かった本日。 朝から家の中を掃除して、ニトリで買ったパソコン台の梱包材を片付け、ストーブの温風で無理やり乾かした洗濯物を持って病院に行き、戻って来てカレーをひと鍋作ったらも …

まだ寒いけど高知では桜が開花

「櫻」 その昔,ご幼少のみぎりに通った学習塾で,昔の人は桜の旧字体を「二階(貝)の女が気(木)にかかる」と覚えた,と教わりました。 とても粋なフレーズですね。「櫻という字をほどいてみれば,二階の女が気にかかる」なんて都々 …

でっかい盆栽がたくさんあるところ

本日の東京地方は、少々風が冷たかったけど雲ひとつない晴天でした。 この時期になってやっと朝の通勤時に一駅手前から歩く気になりましてね。たいした距離ではありませんが東京駅から皇居外苑を遠回りして約2kM。ふらふら、きょろき …

六義園のアジサイ

駒込の六義園。実家から近かったので小学校時代は、遠足の定番でした。  六義園は、五大将軍徳川綱吉の信任が篤かった川越藩主柳沢吉保が元禄15(1702)年に築園した和歌の趣味を基調とする「回遊式築山泉水」の大名庭園です。  …

多肉の花 2010(満開編)

あ、多肉3号(勝手に付けた名前)が満開になりましたので写真をアップします。 花芽が出始めたときには、真っ赤や真っ黄色やショッキングピンクのド派手な花を期待しましたが、咲いたのは純粋さを忘れてしまった管理人には似合わない清 …

ハナミズキの咲くころ

今日は、少し肌寒かったもののカラッとして気持ちの良い晴天でした。自宅の周辺ではハナミズキがきれいに咲いています。     明日は久々の外回りで、千葉県の市原に行きます。緑に囲まれ、周辺にはたくさんのゴ …

多肉の花2010(予告編)

ベランダの多肉植物に花芽らしきものが出てきましてね。何だか楽しみなんですよ。 そもそもがホームセンターで100円で売られていたものだから名前も良く分からないし、この際、「多肉3号」と呼ぶことにします。   あ、 …

小鉢に人生を感じる、なんてね

先週に引き続き、気が付けば今日も上野の東京都美術館にいました。 これを見るため。「国風凡祭典」 コラ、出来損ないのMS-IME!オリンピック期間中だというのに縁起でもない。 「国風盆栽展」だっちゅうに。 毎年、盆栽協会か …

向島百花園

 梅雨の晴れ間。東武電車に乗って向島百花園に行ってみました。よくある「殿様のお庭」ではなく,江戸時代に民間人が造った庭園。名前のとおり,一年中,花が絶えないそうです。  私のような中高年カメラマンがたくさん来ていましたが …

田島ヶ原のサクラソウなど

 今度の仕事は,実に7年ぶりの職種で,2週間目にしてかなりのストレスを感じたので,本日は「ヒーリング・デー」にしてみました。  早い話,ブラリ旅に出たのさ。  訪ねたのは,さいたま市桜区の「田島ヶ原」。荒川の河川敷に自生 …