Currently browsing

2020

最近読んだ本_2020/11

早いもので今年も残すところ1ヶ月余りになりました。 この11月は・・・ 暖かい日と薄ら寒い日の差が激しい 新型コロナ感染が第3波に入った模様 緑GCのコンサートが無事終わった 仕事で大きな案件を失注した 家人B、Cと新鮮 …

2020インフルエンザの予防接種を受けて考える

今回はタイトルのとおりなんですが、考えてみれば筆者の場合、そもそも予防接種とはなんぞや?というあたりが非常に怪しい。 (受けときゃ安心じゃん…)程度の乗りと、(今年は補助があるみたいだしィ…)という損得勘定だけではいかん …

記憶に残る映画音楽3題

今日のお題は、なぜか映画音楽。 映画を観るのは嫌いではないけど、人混みの中での座席確保が億劫で、映画館に足を運ぶことはあまりありません。 とはいえ、あの大きなスクリーンと、そしてお腹から身体に響いてくるようなPA音響には …

最近読んだ本_2020/10

10月は意外に余裕がなくて、2冊に留まりました。 読書的には絶好調だった先月と何が違うのか?   率直に言えば気分ですかね。またはノリ?   我ながら身もふたもないですな。 ま、そんな感じで10月が終 …

緑内障の手術後3年、眼圧は目標どおりに低値安定

すでに平成の時代のことですが、緑内障の治療のため2017/11、右目に初めて繊維柱帯切除術を受け約3年経ちました。 その後2019/02に、左目にも同じ手術を受けました。   緑内障の症状である視神経の萎縮進行 …

路傍の至言_2020/10/21

今朝、思わぬところで思わぬ出会いがありました。 出会ったのは、ある言葉。 場所は、ウォーキング中の道端に置かれたゴミ容器の土手っ腹(笑)。     A SIMPLE LIFE MAKES OUR MI …

滑液包炎で肘の先端が腫れて、水を抜いてもらった

タイトルのとおりなんですが、今回は筆者の身体に起こったことについて。 トラブルはトラブルだけど、割と軽めな話です。     2ヶ月前くらいから、右肘の一番尖ったところ(肘頭というらしい)が腫れ始めて、 …

コロナ禍点景_2020/10

今回は、一昨日の通勤時、路線バスの中の出来事を語ります。 コロナがらみの話です。   1.その日その時の状況 外は雨。台風の接近でそこそこ強い降り。 バスは、始発駅を出て2車線の道路を走る。 車内の座席はほぼ埋 …

最近読んだ本_2020/09後半

この9月は都合5冊になり、珍しく書評を2回に分けました。 通勤は上着を羽織るほど涼しくなり、読書の方も自然と捗が行く、そういうことらしいです。   気がつけば季節は秋。 特別な年として記憶に残るであろう2020 …

写真特集(秩父の彼岸花、旧岩田医院、蕎麦畑)

小林一茶の名句 「目出度さも ちう位也 おらが春」ではないけれど、   土曜〜日曜〜敬老の日〜秋分の日と並んだこの4連休は、 「目出度さも ちう位也 おらが秋」という心境でした。   なぜってほら、例 …

最近読んだ本_2020/09前半

昨日今日は、長袖でちょうど良いほど涼しくなりました。 いよいよ秋の始まりですね。台風が少ないといいな。   最近、書評が長くなりがちなので、9月は2回に分けます。 前半の2週間は3冊手に取り、2冊読了しました。 …

駅前の花屋のおじさんが笑った

仏壇に供える生花は、駅前の花屋のミニブーケに決めている。 マンションサイズのコンパクトな仏壇にはちょうどよい。   昨日求めたブーケには、濃い目の赤のランが混ざっていた。   珍しかったので、それを店 …

ウォーキングで気づく道路の凸凹と前期高齢者の願い

ウォーキングの話は今までに何度か書いていますが、今日は道路との関係について。   1.舗装道路の緩い凸凹 アスファルトの舗装道路を歩いていると、平らに見えるところでも実は緩やかな凸凹(デコボコ)がある場合があり …

尿酸値が気になる人へ、飲兵衛より愛を込めて

今日は、尿酸の話です。 健康診断で尿酸の数字が基準値ギリギリあるいは塀の上を歩いているという方、いらっしゃいますよね。   本稿では、ボーダーライン上でワナワナしている飲兵衛の初老男性(筆者含む(※1))に向け …

最近読んだ本_2020/08

この8月は、コロナのおかげでなんとも気の抜けた一ヶ月でした。   まず、Tokyo2020開催延期の抜け殻感を皮切りに、 夏祭りや花火大会まで軒並み中止されて更に気が抜け、 経済停滞を恐れる政府が打った例のGo …

「草月ホールのエノケン」byおかだえみこさん

最近、自分の荷物を整理していたら、すっかり黄ばんだ新聞の切り抜きが出てきましてね。 身近だった朝日新聞、毎日新聞のどちらかだけど、いつ頃切り抜いたかはまったく記憶にありません。   コラム名の「出あいの風景」を …