生き物に手が出るのは、心身ともに安定した証拠

 

最近買った盆栽を紹介します(盆栽を本妻と誤打して、我ながら吹いた笑)。

樹種は、紅葉がきれいなハゼです。

池袋西武屋上「誠香園」で見つけました。

 

誠香園は、東洋蘭の世界では有名なお店で、「最近は小品盆栽がよく出る」と年配のご主人は達観したように仰っていました。

若い世代の人たちは、盆栽を「作る」のではなく、出来たものを「買う」という感覚ですな…

 

決して若くはないけど、筆者はそれに近いのかもしれません。

10年以上前の一時期、盆栽もどきをいくつか育てたことがありましたが、諸般の事情ですべて手放しました。

 

 

それはさておき…、上から見たところ。

写真では大きく見えますけど、鉢は6.5W×5.0D×3.5H(cm)。

意外に小さいんです。

1/100スケールの自然、とでも言いましょうか。

 

 

現在のマンションを購入して8年、住み始めて2年(委細は省略)。

この手のものをベランダに置いて愛でたくなるのは、心身ともに定着したからだと思います。

 

ちなみに最近、睡蓮鉢を置いて水草と金魚を育て始めました。

誠香園に置いてあった寒蘭春蘭も欲しいな〜

 

きっと来年は、その手の投稿が増えることでしょう(笑)。

 

 

関連するかもしれない記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください