最近読んだ本_2021/12

書評シリーズも今年最後です。今月も1冊でした。

一応言い訳しておくと、10月後半から緑GCの練習が毎週になり、なおかつ事務仕事や自宅練習、本番への緊張感などで本を読む気力、時間ともに削がれました。

 

 

また、今月読んだのは、職場の先輩に進められたシリーズものの一冊で、これがなかなか面白い。紙の本で数冊貸していただいて実際にはkindleで読んでいますが、それは内緒の話。

オーディオや音楽の話が合う方なので良好な関係を保ちたい……そんな大人の話と飲み込んでくだされば幸いです(笑)。

 

1.逢坂 剛「百舌の叫ぶ夜 (集英社文庫)」★★★★☆

百舌シリーズとも公安警察シリーズとも言われる作品群の2作目だ。1作目は関係性がやや薄いのでここから読み始めればいいらしい。

能登半島の岬で記憶喪失の男が発見された。一方、東京新宿では爆弾テロ事件が発生。犯人を追う公安警察の倉木と美希は、やがて男へと辿り着き――。サスペンス傑作長編。

集英社のシリーズサイトより引用

 

公安警察と刑事警察の暗闘、政治的陰謀、爆弾テロに国際テロ、それらが重層的に重なり合うサスペンスで、登場人物も多いのだが予想外に読みやすくグイグイ引き込まれた。

当然ながら終盤なぜ事件は起こったのかが明かされ、そこには、えっえっえっ?と声が出るほどの深い闇と人間の毒が待っている。

警察ものに手を伸ばすことはあまりないが、このシリーズにはちょっと嵌ってみたい。

 

 

 

99.関係ありそうな記事

(Visited 25 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください