歩行喫煙

歩きタバコを条例で禁止する自治体が増えています。ポスターを掲示したり,路上にサインを貼り付けたりして道行く人達に周知を図ろうとしています。

私はタバコを吸わないので他人のタバコの煙が余計に気になるのだと思いますが,最近特に歩きタバコの人が増えているような気がします。多くの建物や駅が禁煙になったことで路上くらいしか気兼ねなく喫煙できるところがないのでしょうけれど,本当にやめて欲しいです。

朝,自宅を出てまず一服。奥さんや子供に遠慮して家の中では吸えないのでしょう。吸い殻は投げ捨てます。そして,駅が近づくともう一服。電車の中では当然吸えませんし,ホームの喫煙場所も最近はなくなりました。駅周りの道路は吸い殻だらけ。同じ方向に歩いて行くこちらはいい迷惑です。せっかく朝の爽やかな空気のなかを一日の構想を練りながら(そんな大袈裟な・・)歩いているのに,タバコの煙なんか吸わせないでもらいたい。

百害あって一利なしのタバコですが,法律で喫煙を禁止することは出来ないでしょう。かといって自治体の条例では取り締まりに限界があります。日本でも欧米並みにタバコの値段を上げること,それから小中高等学校での禁煙教育を強化すべきでしょう。

99.関係ありそうな記事

(Visited 41 times, 1 visits today)

1件のコメント

  1. こちらこそ初めまして。コメントをありがとうございました。
    タバコ自体は嗜好品ですから吸いたい人は吸って何ら
    問題はないわけですが(最近,健康増進法などという
    お節介な法律が出来ましたが・・・),
    好んで嗜む人は迷惑を感じる他人が居ること,火災や
    火傷の危険性が伴うことを常に意識して吸って欲しいと
    思いこの記事を書いた次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください