いよいよラジオと決別か(1)

今は昔、中学生の時分には、SONY ICF-110B(通称 “SOLID STATE IC11” のブラックモデル,懐かし〜)を受験勉強の友とし、数多の遍歴の後、最近は、今は亡きSANYOブランドのラジオ付きICレコーダーICR-RS110Mを推していたラジオ好きの筆者。

RS-110Mはその後も通勤時のニュース、情報収集など重宝に使い続けていたのですが、購入半年になるiPad miniにまつわる以下の事情から、どうやらお役後免になりそうな気配が漂っています。その事情とは・・・

  1. ラジオ放送は「radiko」、「らじるらじる」でネット配信されている。
  2. 日常的に、iPad miniを持ち歩いている。
  3. iPadは、スリープ状態でも音情報を出力している。
  4. インターネットラジオは、AM放送もFM並の高音質。

4はおまけとしても、恥ずかしながら最近になって3に気付いたのがひとつのエポックでした。スリープ状態ならディスプレイは消灯しているのでバッテリーの消耗もわずかで済みます。

オッ、iPad miniはラジオ代りに使えるではないか!
Bluetoothイヤホンと組み合わせれば、コードレス!
気付くの遅すぎ、という突っ込みはなしの方向で!

何はともあれ、貯まっていたビックカメラのポイントでBluetoothイヤホンを手に入れ、約ひと月ほど使ってみました。

その結果やいかに,という話はまた次回。

99.関係ありそうな記事

(Visited 15 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください