分けてあげたい関東の冬晴れ

関東平野の冬の晴天は、分けてあげたいほど素晴らしいという話。

今日のウォーキング途中の青空

 

筆者は東京の人間でありまして、日本列島の太平洋側に位置する「関東平野」というだだっ広いところで生まれ育ったわけで。

 

関東平野の一都市である東京の冬は、かなりの確率で乾いた晴天が続きます。

天気図的には西高東低の冬型、気圧の等高線が日本列島を縦に通り間隔が詰まっているときがその典型で、いわゆるピーカン(映画業界の用語らしい)。

風は強いが本当に雲ひとつない真っ青な晴天、ド・ピーカンです。

 

若い頃は、真冬に雲ひとつない晴天が続く気候が関東地方特有のものだとは知らず、特に意識することもなく当たり前に思っていました。

あくまで青い空

 

それが、就職して社会に出て、スキーを始めたり出張であちこちに行ったりするようになり、関東以外の冬をたびたび体験して(あれ?なにかが違う)と。

 

冬の空に雲がある、冬なのにドンヨリ曇ってる、日差しがない・・・

 

振り返れば、(そうか、あの冬晴れは関東だからか!)と気付いたのは、恥ずかしながら中年になってからなのでございます(汗)。

関東から出ると、な、なななんとあの晴天、冬晴れの青空がない!

 

真っ白い空から降り続く雪、頭が痛くなるような寒さ、身の危険を感じるようなブリザード等々・・・

東京にいるとつい忘れがちになりますけど、日本はどこでも冬の気候は本来厳しいものなんですよね(汗)。

 

 

このところ、日本海側で記録的な大雪が続きニュースになっています。年末にもドカ雪があって、高速道路で数千台の車両が立ち往生したりしました。

寒冷地、積雪地の厳しい気候自体がニュースになることは少ないですが、たまに大雪や吹雪のニュースや除雪の映像が流れたりすると、心の片隅で(冬晴れの晴天を分けてあげたい)と思ったりするんです。

 

現地の方にとっては、余計なお世話かもしれませんがね。

気はココロということで・・・

 

電線が邪魔だが・・・、ひたすら青い空

 

 

今回は、なんの他意もありません。

大好きな関東の冬晴れを、できるなら分けて差し上げたい! 

・・・と、ひたすら念じる回ということで。

 

 

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください