ソノシート

月~金をフルタイムかつ残業か飲み会付きで働き,昨日の土曜日も工事の立会いで9時半の帰宅。今の時間が1週間ぶりのリラックスタイムで,TBSの『サンデーモーニング』を横目で見ながらパソコンを叩いています。大沢親分の「渇だぁ,コリャァ~!」を楽しみにしながら。

司会の関口宏。年を取りましたね。奥さんの西田佐知子さんはその昔,「アカシアの雨に打たれて~」という歌詞の歌を歌っていました。そういえばヒットした頃には家にソノシートがありましたたっけ。あの歌の題名は『アカシアの雨がやむ時』というのだそうです。(by Wikipedia)

ソノシート。私にはとても懐かしいものです。小学生の頃,音楽を聴くといえばレコード,それもEP盤しかありませんでした。LP盤もあったけど高くて買えない。EP盤ですら当時1枚370円で,小学生の身にはとてつもなく高いもの,今現在の感覚で言うと月収より高いものを買うような感覚でした。フォーク・クルセダーズの『帰ってきたヨッパライ』がヒットしたときにどうしてもレコードが欲しくて,姉と半分づつお金を出し合って買ったものでした。

それに対してソノシートは多分,ローコストで作れたのか,何かのオマケで貰ったりした記憶があります。小学校で読売新聞社の印刷所を見学に行って,配られたパンフレットに挟んであったり,お菓子のパッケージに直径5cmくらいのソノシートが本当のオマケとして入っていたりしました。読売新聞社のソノシートには当時の川上監督のメッセージや「巨人はデッカイゾ~,選手~も~デッカイゾ~,打ったヒットがまたデッカイ,ジャンジャン,それジャンジャン,行け行けジャイアンツ,それジャンジャン!」という歌詞の曲が入っていました。なんという題名の歌だったのか。

レコードやソノシートが爪で鳴る,ということを知ったのもその頃です。プレーヤーでレコードを回して,爪の先を溝に当てると,微かに音が聞こえます。姉が買ったレコードでそれをやって怒られて,喧嘩になったりしたこともありました。そのとき「いいじゃないか,減るもんじゃないんだし!」と言ったかどうか。レコードは減るのだよ,小学生のボク・・・。

久々にどうでもい~話でした。は,はい,いつものことです。

99.関係ありそうな記事

(Visited 3 times, 1 visits today)

2件のコメント

  1. 先日、西田佐知子のCDを買いました。アカシヤの・・を聞くとヘルメットをかぶった全学連と機動隊が対峙するシーンが連想されます。熱くて切ない時代を感じたいならレコード盤で聞く方がいいような気がします。でも私はそんな西田佐知子をiPodで聞いています。

  2. iPodで西田佐知子,40年の時を越えたコラボ・・・
    私も最近,ウォークマン(カセットじゃないですよ)を使い始め,
    デジタルプレイヤーの実力に度肝を抜かれています。
    時の流れを感じますね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください