Red Garlandのブロックコードからジャズの深淵を覗く

人前で「実はジャズも好きで…」と言ってしまうことがある。

 

レッド・ガーランドって、アメリカのジャズピアニストですよね……

よく知りませんけどマイルス・デイビスと一時期やってて……

 

……筆者の知識なんてそんな程度だ。

 

 

でも最近これを聴いて改めて(ガーランド、いいな)と思った。

ノリがよくて、音が明るい。

 

ボクサーを辞めてミュージシャンに転向した変わり種。ブロック・コードを生かした独特のスタイルが人気だった人で、1984年に亡くなっている。

 

……と偉そうに書いているが、実はボクサーだったこともブロック・コードの何たるやも知らなかった。

 

 

答えは、こちらのサイトで見つけた。

じっくり聴くモダンジャズ探索ツール Nelson’s Navigator / ブロック・コード (Block Chord)

(↑濃厚で勉強になるサイトです)

 

 

そして何ぞやが分かった以上に、マイルスの「You’re My Everything」が聴きたくなった。

1956年リリースのアルバム「Relaxin’」。筆者が生まれたころの録音だ。

自慢じゃないが、バラードものはヌターっとした感じが苦手で避けてきた。

でもこれはいい。気持ちが和む。

 

 

「これはブロックコードで…」、マイルスの指示でガーランドのソウルに火が灯る。

途中、とんでもなく素敵なフレーズが3回も出てきてシビレた。

 

普通だったら録音にプレイヤーの私語が入れば(余計なもの入れて…)となるが、解説を読んだから感じ方が全然違う。

 

フム、その流れでこの演奏なんだ。

帝王マイルスは、齢30にしてすでに帝王だったのか。

 

音だけで、タバコ臭くてピーンと空気の張った録音スタジオが目の前に現れる。

音楽のジャンルに優劣はない。これもまた超一流の芸術だ。

 

 

何がいいのか、なぜ好きなのかを自分の言葉で言えるようになるまで、「ジャズが好き…」なんて偉そうに喋ったり書いたりするのはやめよう。

深い世界をもっと覗いてから、聴いてからでないとね。

 

 

 

99.関係ありそうな記事

(Visited 220 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください