最近読んだ本_2021/11

今月は、1冊だけでした。

理由は2つ。ホニャララその1が気になった、ホニャララその2に気を使った……

なんのことやら。

 

明日から気忙しい12月です。

オリンピックやコロナで騒々しかった2021も暮れていきます。

photo / pixabay

 

 

1.三浦しをん「むかしのはなし(幻冬舎文庫)」★★☆☆☆

 

しをんさんの小説は、当たり外れが大きい。

もちろん個人の感想だが、表しをん、裏しをん、とでも言っておこうか。

 

すみません……

 

かぐや姫、花咲か爺、天女の羽衣、浦島太郎、鉢かづき、猿婿入り、桃太郎……

七話とも冒頭で昔話を語り、それぞれをモチーフにした本編に入っていく作りである。

 

二話以降は、3ヶ月後に隕石が地球に衝突するという背景で語られる。

選ばれた人だけがロケットに乗り、別の星で生き延びられるかもしれない……、そんな暗い世界観。

 

限りなくダークな裏しをんより、人間臭さを前面に出す表しをんが好きだな。

木暮荘物語」や「まほろ駅前多田便利軒」のような話を期待しよう。

 

 

 

99.関係ありそうな記事

(Visited 34 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください