電卓が逝った / 昭和の終焉と令和の希望

モノには寿命があるとは言え、諸行無常とは言え、

長年連れ添った友の最期の姿を見るのは辛い……

 

 

昭和の終盤に買ったような……

 

何年使ったか定かでなくても、

12桁の液晶表示が欲しかったのは覚えている。

 

仕事机の引き出しか机上にいつもあって、

キーを叩いて出た数字に一喜一憂したあの日々。

 

帰ってくることのない数十年を共にした戦友が、

俺はここまでだから先に行け……

と背中を声をかけてくれるような気がする。

 

そうか……

 

先は分からないが、俺は行けるところまで行く。

転機を察知されちゃ弱音は吐けない。

 

頑張れるだけ頑張るつもりだ。

 

 

 

99.関係ありそうな記事

(Visited 38 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください