素敵なイラストのブックカバー

IMG_0637

This is a pocket book, not a pocket monster.
これは、文庫本である。酔っ払ってもポケモンと間違えることはない。

・・・オホン。
一般に、書店で掛けてくれる紙のカバーは、読了後不要となる。

本棚に整理したとき、タイトルが見えた方が何かと都合が良いし、保存に値する紙であることは稀なので、だいたい捨ててしまう。

で、写真のカバーは、日暮里駅構内のLibroでかけてくれたもの。少しくたびれてきたが、使い回して3冊目になる。
「神去なあなあ日常」三浦しをん
「神去なあなあ夜話」同上
「死神の精度」伊坂幸太郎

捨てられないのは、素敵なイラストのせいである。調べてみたら発信元は書店ではなく大学だった。
TFUオリジナルブックカバー(東京富士大学)

親切にも印刷用のデータもアップされている。本好きを泣かせるこの手のサービス。Libroのほか紀伊國屋書店でもカバーに使っているらしい。

イラストの作者が、とっても気になってきた。調べてみるか。

99.関係ありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください