滑液包炎で肘の先端が腫れたので水を抜いてもらった

タイトルのとおりなんですが、今回は筆者の身体に起こったことについて。

トラブルはトラブルだけど、割と軽めな話です。

 

 

2ヶ月前くらいから、右肘の一番尖ったところ(肘頭というらしい)が腫れ始めて、押すと気持ちの悪いブヨブヨ感がではじめましてね。

痛みはなかったけど、鶏卵の尖った方のような形状と大きさになってきたし、パソコン仕事のときに具合が悪いので、近所の病院に行くことにしました。

訪ねる診療科に迷いましたが、まずは皮膚科へ。

 

 

若いイケメンの先生が、膨らんでブヨブヨした肘を見てすぐに、

「ウ〜ン、これウチでもいいんだけど、本来は整形外科なんですよね〜」、とアドバイスしてくれました。ちなみに診療費はなし。

然らば、とその足で近くの整形外科へ。

 

 

整形の先生の診断は、「滑液包炎」とのこと。

Wikipedia:肘頭滑液包炎(写真が閲覧注意気味です)

 

曰く・・・

  • よくある症状です
  • 巷で「膝に水が溜まる」って聞くでしょ?それと同じです
  • 原因はいろいろですが、決して悪い病気ではありません
  • 放置しても何の問題もありません

 

いやいや問題あるし、放置はまずいと思って来たわけで・・・

  • 気になるなら、溜まった水を抜きましょう
  • 簡単です
  • ここで処置出来ます
  • 注射器刺して、すぐ終わります

 

エッ?、痛いですか?

  • ウ〜ン、まぁチクッと…

 

・・・ということで、診察室の寝台に横になり、チクッと刺されて水を抜いてもらいました。

 

「これです」と先生に見せられた注射器には、薄いト○○○○○スのような液体が。

丸々1本分あったので10ccほどでしょうか。想像より大量でした。

 

 

お陰様で、腫れていた肘頭は見事に普通に戻ってすっきりしました(不謹慎だけど、出産後の女性の気持ちには、こんな感情含まれているのかな〜と思った)。

 

 

処置後、先生からは・・・

  • 水の溜まる袋が出来ているので、また溜まるかもしれません
  • 完治をお望みなら、切開して袋を取る必要があります
  • 大きな病院の整形外科でやってくれます
  • なんなら紹介状書きますよ

・・・と申し添えがありました。

 

 

そして今日は、処置後約2週間。

もちろん腫れはなくなりましたから支障はなくなったものの、机に肘をついたときなど反対側の正常な肘とは微妙に違う感覚ですかね。

 

まあ、悪い病気ではないとのことで不安感はありませんから、様子を見るということで。

また水が溜まるようであれば、「なんなら…」の先生を訪ねようと思います。

 

以上、ご報告でした。

 

 

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください