「草月ホールのエノケン」byおかだえみこさん

最近、自分の荷物を整理していたら、すっかり黄ばんだ新聞の切り抜きが出てきましてね。

身近だった朝日新聞、毎日新聞のどちらかだけど、いつ頃切り抜いたかはまったく記憶にありません。

 

コラム名の「出あいの風景」をWebで調べてみても何も出てこなくて、文面から40年以上前のものと推測しました。

 

書かれているのは、榎本健一さん、日本の喜劇王といわれたエノケンのことです。

執筆は、アニメーション研究家、映画評論家のおかだえみこさん。

 

当時の赤坂草月ホールに晩年のエノケンが現れ、主演した映画を会場のファンとともに鑑賞し、終演後は暖かいスタンディンオベーションに送られ去って行ったというお話です。

 

とても素敵なので、ぜひご一読ください。

 

エノケンについてはその昔、親が「足を切っちゃってかわいそう」と言っていたのと、戦前から戦後にかけて一世を風靡した喜劇役者という程度の知識で、その実像はほとんど知りません。

また、書き手のおかだえみこさん(アニメーション研究家、映画評論家)についても、失礼ながら今に至ってもまったく存じ上げません。

 

それなのに何故この切り抜きが長い間取ってあったのか。

それはひとえに、「絵が浮かぶコラム」であることに尽きると思います。

美しく心に浮かんだ絵のような記憶が、いまだに持続しているから捨てられなかったのです。

 

特に心惹かれるのは、エノケンが会場を去っていく場面。

「ロビーからの光を背負い、半ば影となった喜劇王は、そのまま一枚の絵であった」

(コラムより引用)

 

自分が主演した映画の上映を観終わり、見送るファンの声援に笑顔で答える白いスーツの洒落男。

ホールで拍手する多くの人々には、喜劇界を文字どおり身体を張って引っ張ってきた苦労人の人生が、舞台や映画で八面六臂の活躍をする姿が、眩いロビーの光に透けて見えたことでしょう。

 

そして、たまたまその時、ホールの中でその場面に立ち合い、正にその絵のようなシーンを切り取って文章に残した人がいた。

なんという幸運でしょう。

おかげで往年の喜劇役者の栄光を知らなかった人間が、数十年経った今でも間近に思い描くことができるのです。

 

締めとして、エノケンとおかだえみこさんに敬意を表して若輩から。

四十数年前、このコラムの読者の一人だったことを、筆者は今でも誇りに思っています。

 

 

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください