最近読んだ本_2012/06

いやはや6月はひどい月だった。自分までダウンしてどうするんだ。

医者の説明は「あんさん、そりゃ不可抗力でっせ」といいように理解しておこう。
一人前の大人は他人に余計な気は使わせない。なかなか守れないモットーである。

そんなこんなで今月は1冊読了がやっとでした。
活字を読むと目がグルグル回っちまうんだからしゃ〜ない。

平安寿子「こっちへお入り」★★★★☆
 ごくごく地味なOLの江利が、ちょっとしたきっかけから落語の世界に目覚め、次第にはまり込んで行き、とうとう高座まで務めることに。
 著者の落語に対する熱い思い、深い分析と洞察が伝わって来て、私のような門外漢でも志ん朝、小三治、枝雀の落語をじっくり聞きたくなる。江利の恋の行方、実家の相続騒動の顛末が語り尽くされず中途半端な面はあるけど、ユーモア精神満載でとても面白く読めた。
 「まったく、男って生き物は〜」・・・ウム、耳が痛い.

99.関係ありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください