秩父錦甕口酒

埼玉県の秩父に「矢尾本店」という醸造元があります。そちらの2006年搾りたて新酒「秩父錦甕口酒」が手に入りました。(本家のサイトよりこちらの方に詳しい情報がありました。)

もう既に2合ほど飲んでしまいましたが,もろみから搾ったばかりの原酒でアルコール度数は20度以上21度未満(!)。普通の清酒とは全く違った味わいです。はっきり言って旨い!

原酒とはいうものの酵母による発酵は瓶詰めの段階で何らかの方法で止めてあるはずですが,瓶に斜めに貼ってあるラベルには,「お求め後は出来るだけ早めにお飲みいただければ最適です。」の文字が・・・。

なんだか解ったような解らないような表現なるも,買ったら極力早く飲み切れ,と理解し楽しんでいる今日この頃です。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください