三信ビル

有楽町にある三信ビル。昭和5年に建てられたテナントビルで,外観は古ぼけた建物にしか見えませんが,中にはいると写真のような二層吹き抜けのアーケードや趣のあるエレベーターホールなど,現代の無味乾燥なビルにはない贅沢な雰囲気が漂っています。

所有者の不動産会社は老朽化したこのビルの取り壊しを公表している一方,建築関係者の有志による保存を提案するプロジェクトも立ち上げられていて今後の行方が気になるところです。

経費や時間を優先するならば取り壊して新しく建てるのが効率的なのは当然です。でも建物も文化の一翼を担っているものですから,昭和初期の建築様式を色濃く残しているこのビルのような建物を残して使って行くことは意義のあることでしょう。

公共建築では法務省赤れんが棟神戸税関保存改修の始まる東京駅のように明治,大正,昭和初期の建築物をリニューアルして使える状態で残していく手法が採用され始めていますから,技術的に難しい面があるにしても民間建築物でも法制度や税制面でのバックアップがあれば充分可能でしょう。

なんと言ってもこういう美しい建物は中に居るだけでほっとしますから,是非残して欲しいと思いませんか?

99.関係ありそうな記事

(Visited 84 times, 1 visits today)

2件のコメント

  1. 趣のある建物ですね。。
    昭和の匂いがするような。。
    修理するなら建て直した方が作る側は色々な面で楽なのでしょうが
    現在の建物は直線的で味気なさを感じる建物が多いですものね。。
    (中には勿論素晴らしい物もあるますが・・。)
    三信ビルのような建物。。私も是非残して頂きたいと思います^^
    古くても品格のある建物。。好きですねえ。。

  2. maaさん,こんばんは。
    日本人て昔から木と紙で出来た家に住んでいたせいか,
    古くなったら壊して建て直せばいいジャン,という思考が
    根本にあるような気がします。
    桜の散り方に潔さを感じるのと共通していますね。
    (ここ,ちょっと飛躍しすぎ・・)
    >>古くても品格のある建物。
    私も仕事で建築の一端に関わっていますが,
    40年,50年先に「品格のある建物」と言われる
    ような仕事をしたいものです。
    って,他人事のように言ってちゃだめですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください