葉巻を試す

日々流転的備忘録

ブラジルの大作曲家ヴィラ・ロボスは、ウィスキーと葉巻をこよなく愛したそうです。そして,その生涯で「私の作品は、未来に向けての返信を期待しない手紙だ」という言葉を残しました。

カッコえェ~。

クールなロボスおじさんに少しでもあやかろうと,先日私めは,カッコつけて近所の中南米バーにてキューバ産の葉巻を試してみました。ウィスキーではなくラム酒のグラスを傾けながら。

バーのマスターは若葉マークのヨッパライに、葉巻は薫りを楽しむべし、煙は肺に入れるべからず、1本は1回で吸い切るべし、火は消えるものと思え,・・・カウンターの向こうから蘊蓄を語ってくれました。

初めて吸った葉巻は,辛くて味も素っ気もない,ただただ煙ったいものでした。当たり前ですね。タバコに変わりは無いのですから。太い分だけ,煙が余計に出るようです。

吸い終わった私は「タバコと大して変わらないのに,1本1200円は高いよね~」と捨て台詞,もとい,言葉を残してバーを出たのでした。マスターは苦笑い。カッコ悪いことこの上なし。

葉巻とは,そもそも非喫煙者が手を出すものではない,と悟った宵でありました。

ヴィラ・ロボス没後50年(葉巻を咥えたポートレイト&イラストを交えた記事)
Maco Brasil「クラシックの作曲家 Villa=Lobos」

99.関係ありそうな記事

(Visited 8 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください