アース,ウィンド&ファイア


先日のビリー・コブハムに続くYouTubeの動画による音楽ネタ。
今日はアース,ウィンド&ファイア(Earth,Wind & Fire)です。
シカゴ以来のブラスロックファンだった私は彼らの75年全米ツアーを収録したライブアルバム「灼熱の狂宴」のアフリカーノ/パワーに参ってしまい,武道館での来日公演を見に行きました。80年頃だったと記憶しています。

武道館のステージではベーシストが空中に舞い上がってクルクル回り出したり,演奏中のメンバー全員がステージ上で宇宙人に入れ替わってしまったりするイリュージョン紛いのパフォーマンスに度肝を抜かれたものです。1970年代が全盛期だったEW&F。リーダーのファンキーおやじ,モーリス・ホワイトはその当時からオッサン顔だったけど黒人特有のタイトなリズム感に溢れていたし,フィリップ・ベイリーの宇宙をイメージさせるファルセット・ボイスにも痺れましたっけ。
(モーリス・ホワイトは現在闘病中とのことで,1日でも早い回復を祈っています。)
Earth,Wind & Fire – Fantasy
Earth Wind & Fire – September
Earth Wind & Fire – Boogie Wonderland
Earth,Wind & Fire – Let’s Groove

99.関係ありそうな記事

(Visited 18 times, 1 visits today)

4件のコメント

  1. 私にとってはアース・ウィンド&ファイアはちょっと上になるんですが
    今でもCM曲に使われたりして、すっかりスタンダードになった感がありますね~。
    で、ちょっと驚いたんですけど、このグループって今も活動してるんですね(笑)。
    みなさん、おいくつくらいになったのかしら?
    ストーンズよりは若いのかな?

  2. アースウインデンドファイアー。時々カラオケ歌います。

  3. しのぶさん
    最年長はお休みしているモーリス・ホワイトで1941年生,フィリップ・ベイリーは1951年生で
    それ以外のメンバーも見た目若そう(?)なので,数年前に平均年齢が60歳を超えた
    ストーンズに比べればまだまだ”洟垂れ小僧”とでも言うのでしょうか。(笑)
    現在,アースの主力メンバーはベイリーほか4人になってしまったようで全盛期に比べれば
    寂しいものですが,昨年10月にはCD「イルミネーション」をリリースし,今年1月には
    1年半ぶりの来日公演を果たしているので,現役バリバリのストーンズと共に
    「米国版,中高年の鑑!」私の年代の希望の星です。(爆)
    戸川流さん
    カラオケでEW&Fのファンキーな曲も楽しいでしょうね。
    私は「雨に濡れても」,「素顔のままで」,「ワイルドで行こう!」なんか好きです。
    もっとも英字を見ながら歌っても全部カタカナになってしまいますが・・・・(汗)

  4. 私はもとからカタカナです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください