キリン富士山麓

家で飲むものが切れたので専門店に行ったら,キリンの「富士山麓」というウイスキーがありました。このウイスキー,全然知りませんでしたけどTVCMもやっているようです。
【惹かれた理由】
その1:アルコール度数50%
その2:割と高級感のあるボトルデザイン
その3:「富士山麓」という商品名称
その4:会員価格979円

その4が一番の理由なのは当然として,フジサンロクというからにはどこかにルート5とかオームナクとかの洒落(古ゥ~)がのあるかとボトルをひねくり回して見ましたが,書いてあるのは真面目なことばかりで全然遊びがありません。それもそのはず,この名前はキリン御殿場蒸留所の製品なので付けられたらしい。

こちらにスペシャルサイトがありました。(なかなか品良く作られたサイトですが,”商品に込められた思い”だけは余計だと思う。クリックするといきなり暑苦しいおじさんが二人も出てきてガックリ来る。)

アルコール度数50%ということでちょっと刺激は強いものの,割と軽めで甘みを感じる口当たりはこの値段なら立派なものです。しばらく楽しませてもらいましょう。

99.関係ありそうな記事

(Visited 38 times, 1 visits today)

2件のコメント

  1. 偶然ですね(笑)。僕も最近、初めてこのウィスキーを買いました。やはりアルコール度数50%と価格が決めてでした。
    「ん?サントリー・ホワイトが37%で690円、これが50%で1,050円、コスト・アルコール比はいい勝負ジャン!」と言う感じ。
    しかし、いつものようにオン・ザ・ロックで飲んだら結構キツカッタです。

  2. -さん
    目黒川:
    わてやったら1に割り引き,2におまけ,3,4が無くて5に度数やな。
    hideandseek:
    恐れ入りました。
    Takaさん
    CP比ならぬCA比ですか。新しい概念です。(爆)
    私は水割りダブルくらいで飲んでいますが,
    グラスに注ぐ量が少なくて済む安心感。
    つい1杯が2杯に,2杯が3杯に・・・,
    おっとすっかりキリンの術中にはまっています。( ̄ー ̄lll)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください