オホーツク海とハクモクレン

労働とは体力、知力、気力の切り売りなり(あとどれ位、残っているだろう)。

このブログを始めて以来の更新頻度の低さはさて置いて、先週は仕事で北海道東部のA市に行き、マイナス10℃の気温を体験してきました。

ちょっとした風で積もった雪が舞い、外を歩いていると爪先の感覚が無くなって来るし、顔が強張って口が回らなくなるし、寒冷積雪地の生活はどれだけ大変なのでしょう。私には想像もつきません。

日々流転的備忘録
 日々流転的備忘録

写真(左)は、ようやく晴れた金曜日に昼食を食べに行ったJR釧網本線北浜駅の食堂から見たオホーツク海と知床の山並み。景色の美しさは気候の厳しさの2乗に比例する、と断言できます。

写真(右)は、昨日の土曜日にギタークラブの練習に行く途中で見かけたハクモクレン。かっこよく言うと「神々しい美しさ」ですかね。とても暖かい日でした。

さて、明日は東北のS市へ。寅さんだよ、まったく。

99.関係ありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください