昨今の個人的飲み会事情_2022/11

最近、なぜか飲み会続きなのでちょっとご報告。

言いたいことは2点です。

 

 

この1ヶ月の飲み会は…………

  • 10/11(火) 新宿
  • 10/12(水) 武蔵小杉
  • 10/19(水) 品川
  • 11/02(水) 大手町
  • 11/03(木) 日暮里
  • 11/18(金) 大森
  • 11/22(火) 自由が丘

よくもまあこれだけ飲み歩くもんだ……

人数は毎回3~4人、面子や趣旨はその都度まちまちです。

 

ここにきてこれだけ集中してきたのは、やはりコロナ第7波の収束から来る安心感が大きいと思います。

ハッパが来る前に……、やるなら今でしょ……、そんなところかと。

 

言うまでもなく誰しも気が張りっ放し、緊張しっ放しでは持ちませんからね。

たまには群れて飲んで馬鹿話するのが自然なんだな、人間だもの……

 

オホン、それが一つ目です。

 

 

もう一つは、ほぼすべてが若い頃からの仕事繋がりの集まりということ。

ただし、中身は楽しい方のそれです。気を遣いながいら接待したりされたりような間柄や集まりは皆無。みな割り勘です。

 

もちろん各々の相手との関係性に遠近、濃淡はありますが、共通するのは長い間良い関係が保てている(と勝手に思う)方々ばかりで、中には友人のような人もいるので、仕事上仕方なくとか、気は進まないけど…………みたいな飲み会とは全く違います。

 

共通項を皮切りにあちこち飛ぶ話題。

山なし、落ちなし、意味なし
(どこかで聞いたような…………)

要するに気楽で楽しい飲み会。

 

計画から挙行までの間、前職や元職時代の知り合いが誘いに乗ってくださるが嬉しいし、誘われるのもまた嬉しくありがたいものです。

「同窓会やりましょ」、「いいね!」みたい乗りですな。

 

たまたまそういう年回りなのもしれません。

なんつってもお互い残りじかんがミジカイカラネェ…………

 

そんな間柄は、いつの日か完全リタイアすれば徐々に薄く、遠くなって行くものだとは思います。

でも、それはそれ。

 

コロナの狭間の今ならでは、そして先延ばししたくない気の置けない人たちとの懇親、存分に楽しみたいと思います。

 

 

そうそう、もう一つ言わなければいけないことがあった。

そんな飲み会ができるのもお互いに健康だからです。

 

ノー健康、ノーライフ。

まずは自分自身が元気で、そして気が合い、話の合う人たちと群れてむ飲む酒。

 

いと ありがたし

 

 

99.関係ありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください