今日も登るよこの坂を

どうってことない坂になんという名前を付けたんだ
どうってことない坂でなんという歌を作ったんだ

今日も荷物を提げて登らなくちゃならないのに
今日も背中を丸めて登らなくちゃならないのに

足が重たいじゃないか
先が見えないじゃないか

でも今日も登るよ、待っている人がいるから
でも今日も登るよ、必ず下ってこられるから

振り向いたっていい
ささやかだっていい

生きているんだから

日々流転的備忘録

無縁坂

99.関係ありそうな記事

(Visited 10 times, 1 visits today)

2件のコメント

  1. 「しのぶ」しのばず、ですね。
    私は名前負けしてるというのか、
    あまりしのぶ人生ではないみたいですが
    すっかり昔の面影がなくなってしまったような東京でも
    地名や坂の名前から、昔を思い起こさせるものがたくさんありますね。
    そして、あまり聞こえの良くない名前のもの(ゴミ坂など)は
    五味坂と呼び変えたりしてるようです。
    この無縁坂も、近所の武家屋敷のみなさんが
    武縁坂なんて漢字をあてた時代もあったようですね。

  2. 語れる坂がもうひとつありましてね。三年坂。
    業界では、この坂に縁ができると三年は通うことになると噂が。
    もちろん良いことではなく・・・、あな恐ろしや。
    タモリも坂道には詳しかったですね。
    坂道とは語りたくなるものやもしれませぬ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください