apple.comから注文したMacBook Airが明日届きそう(届いた)

先日、5/29に apple.com から注文したMacBook Air 2020が、明日6/16に届きます。

今日は、その興奮を諸兄諸姉と分かち合いたいと思っとります(汗)。

 

apple.comからの注文は初めてだし、ましてCPUとメモリをグレードアップしてエイヤッ、ポチッ、なんて今後ン年間はないであろう筆者にとって非常に贅沢な買い物なんです。

以下、当の本人以外には何の意味もない写真が並びます。

 

 

5/29にポチってから延々と配送準備中だった緑線が2週間後の6/11、ようやく出荷完了まで伸びた。

 

 

配送はクロネコヤマト。

6/12、クロネコメンバーズに登録済なので、LINEで自分宛の荷物の配送状況が確認できる。

フム、大陸のどこかにある工場でアッセンブルされたブツは、6/10/20:30にクロネコ上海に持ち込まれていた。

この際ウイルス云々は、段ボール箱を手に取る直前に考えるとしよう。

 

 

6/15、apple.comの方でブツの到着予定の表示が出た。

オオッ、6/16に到着か。

・・・って、明日じゃん‼️

 

 

クロネコの配送情報は・・・

上海から中二日で深センか、フム。

方向的には逆に日本から遠ざかっているが、深センにAppleの出荷拠点があるようだからそうなるのじゃろう(興奮でむかし赴任した広島の言葉が混ざる)。

 

 

そして2日後の今日6/15朝方には、海を越えてクロネコADSC支店に到着。

聞き慣れない名前の「Apple Delivery Support Center」、江東区有明あたりにあるApple製品専門の拠点らしい。さすが物流の覇者ヤマト運輸、スゲー。

そして、午後には羽田の物流ターミナルに持ち込まれた。もう目の前だ。

 

 

クロネコのトラックとドライバーさん、あとはよろしく頼みます。

この時期、コロナ禍の影響でとてつもない忙しさだと思いますが、くれぐれもご安全に。

 

 

【2020/06/16追記】

6/16、届いた〜ッ!

無骨な段ボール箱の中から出てくるインテリジェンス香る白い箱♫

 

 

蓋を開けると保護紙を剥がさないうちに起動して、何か始まった。

さ、さすが話が早いし(汗)…

 

そして、トントンとセットアップは進み、移行アシスタントで母艦のiMacからアプリケーション他のデータをコピー。
OSのVer.を合わせるためのアップデートに一番時間がかかったけど、実質3時間ほどでセッティングは完了した。

さて使おっと。ワクワク。

 

 

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください