ビラまき飛行機

日々流転的備忘録 天気が気になる時期ですね。空の話でもしましょうか。

 道を歩いている時に、空から航空機の爆音が聞こえることがありますね。そんな時、私は条件反射のように上を見上げて機影を探してしまいます。

 今どき飛行機やヘリコプターが珍しいわけはないし、航空マニアでもないのに何故なんでしょう。

 これは思うに子供のころのトラウマなのだと思います。

 私が育った昭和30年代には「ビラまき飛行機」がよく飛んできました。軽飛行機で街の上空を飛びながら宣伝ビラを大量にばら撒くという,原始的で大らかな宣伝方法。現代では費用対効果や環境問題から、もっと単純にゴミの不法投棄などと見なされ絶対に有り得ない広報システムです。

 でも,当時の純朴な少年少女たちにとっては何と夢のあるエンタテイメントだったことか。

 「ビラまき飛行機」を心待ちにしている子供達は、爆音を聞きつけて見上げた空に軽飛行機の機影とその後方にキラキラ輝く紙片の帯を見つけた時には、空を見上げながら鼻息荒く自転車で近所を走り回ったものでした。前なんか見ちゃいません。

 残念ながら、私はビラを拾ったことはありませんでした。落下地点を見定めるには、あまりも大きなハンデ。住宅密集地。

 一度だけ、姉がどこかでそれらしいビラを拾ってきたことがありましてね。確か「わら半紙」にガリ版刷りで印刷された簡素な広告だったような気がします。不思議とガッカリした記憶が無いのは、別世界からのメッセージに見えたからかもしれません。

 飛行機の爆音に別のイメージを持っている人もいるでしょう。平和な時代に生まれ育って良かった。感謝しながら次世代につないで行かなくちゃいけませんね。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください