厳島と伊都岐島

昨日の続き。
宮島の弥山から下りて来た時,丁度,干潮の時刻で,厳島神社の大鳥居のそばまで行くことができました。そして,以前から見たいと思っていた大鳥居の海側が見られたのです。


 


 

大鳥居に掲げられた額は海側が「厳島神社」,神社側が「伊都岐島神社」。なぜそうなっているか?理由は,ネット内では見つけられませんでしたが,鳥居をくぐってから本殿に参拝する,普通の手順を許さない配置は,よっぽどの変人かアマノジャクが設計したとしか思えませんね(笑)。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください