27

勤め人の性

人の一生は重荷を負うて,遠き道を行くが如しいそぐべからず不自由を常とおもへば不足なしこころに望おこらば困窮したる時を思ひだすべし堪忍は無事長久の基 いかりは敵とおもへ勝事ばかりを知りて まくる事を知らざれば 害其身にいた […]