古き良き時代の荒川区を懐かしむ

今回は、私の出身地、東京都荒川区について少々語りたい。

まず、地理及び特色について(客観的事実)
  • 23区の中心である皇居の北東に位置し、北側、東側を隅田川に接する。
  • ほとんど全域が平らだが日暮里地区の一部は山手台地となっている。
  • (江戸期)農村地帯⇒(明治~昭和)工業地帯⇒(現在)商工住混在地域
  • 23区ランキング上位:平均年齢の高さ、人口当たりの病院数
  • 23区ランキング下位:面積、人口、平均収入、事業所数
次に、荒川区のイメージ(個人的偏見)
  • すごく目立たず、特色がよく分からない。世界におけるマラウイ共和国、日本国における鳥取県、23区における荒川区。そんな位置づけと思っていただきたい。
  • 世間的には、いわゆる「下町」の範疇だが、日本橋、京橋、神田、浅草、両国、本所、深川などの正統派とは一線を画す「B級下町」である。
  • 住民の特色として、地方出身者、高齢者、アジア系外国人が多く、いずれもボンビーな点が共通項。
  • 自慢できるのは、都電、荒川遊園、舎人ライナー、汐入地区の再開発、もんじゃ屋。
  • 目立つものは、老朽木造家屋、狭い道路、町工場、材木屋、鉢植え植物、デイケア施設。

 

 さて、ここから思い出話になる。上記は話の枕であり、本稿で一番語りたいのは、昔に比べて「寂しくなった我が町」という後ろ向きな話だ(昭和の思い出としては、他稿をご覧ください)。

 

 小学生のころ、自宅近くの小さな商店街(○○銀座)には、八百屋、魚屋、肉屋、豆腐屋、乾物屋、菓子屋、お茶屋、薬屋、洋品屋、瀬戸物屋、文房具屋、下駄屋、炭屋などなど、庶民の日常生活には欠かすことのできない個人商店が軒を連ねていた。

 夕方になるとそこには洟を垂らしたガキども、もとい子供達を連れた奥さん連中が買い物かごを下げて集まり、それぞれの店の人たち(皆がジモティなのでほとんど顔見知り)と賑やかにやり取りをしながら、晩のおかずなどを買い求めていた。

 そして、週に一度くらいは、(千葉方面から?)新鮮なアサリを商う行商のおじさんがリヤカーでやって来て、独特の口上を聞かせながら量り売り(もはや死語か)をしていた。

 年末になると恒例の「大安売り」と「福引き」が行われ、ガラガラポンの音が商店街に響き渡り、「残念、6等のマッチ!」、「あぁ〜」なんてため息つくのも予定調和の楽しみだった。

 おそらく、当時の区内の商店街はどこも同じような雰囲気だっただろう。

 

 また、少し離れた大きな商店街には、5日、15日、30日に露店の夜店(よみせ)が立った。お祭りのあの賑わいが月に3回やって来ると思ってもらえばいい。

 夕食後、人混みの中を親に手を引かれて綿あめやお好み焼き、カルメ焼き、ハッカパイプなどを買ってもらったり、金魚すくいをするのが楽しみだった。威勢のいいバナナの叩き売りなんかも出ていたっけ。

 父母は、必ず植木屋の出店を冷やかして、帰りには鉢植えなんかをぶら下げていた。

 

 父の仕事が休みの日には、都内唯一の区立遊園地、歴史ある荒川遊園に連れて行ってもらい、その当時は巨大に見えた観覧車やハツカネズミ(そういう名の目が回るアトラクション)などで大勢の子供たちと一緒に一日夢中になって遊んだ・・・

 

・・・とにかく、記憶の中のわが町は、やたらと賑やかだったのである。

 それが昭和40年頃をピークに荒川区の人口は減り続け、はしっこい子どもや人の集まる店はどんどん少なくなり、替りに動きのゆっくりした老人とシャッターを下した商店が増え、町は昼も夜も静まり返り、すっかり寂しくなってしまった。

 色で言えばオレンジ色から無彩色に変わったような・・・。

 もっとも人口は平成初期には底を打ち、新しい世代の流入で再び上昇傾向にはあるようだ。しかし、かつてのエネルギッシュな、あの賑わいをこの街が取り戻すことはもうないだろう。

 

・・・そして今、私はその生まれ育った町を離れる準備をしている。賑やかだった昔を懐かしみ、それと比べ今はなんとも寂しくなって・・・、などと嘆息していたら、図らずもその寂しさを助長する側に廻っていた。

 昔は良かった、などと言い出すのは既に人としてのピークを過ぎた証拠らしい。でも、たまには諸行無常、栄枯盛衰の境地に浸るのもいいだろう。

 人生のピークはとっくに過ぎ、あとは「生きてるだけで丸儲け」のアディショナルタイムなのだから。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください