年末の東京2008

年末恒例の都内カメラ散歩(いつからの恒例だ?)。

 今回は「(1)副都心線渋谷駅~(2)浅草~(3)隅田川クルージング~(4)レインボーブリッジ~(5)お台場」という,広島から東京観光に来たオッサンには堪えられない,新旧の名所を訪ねるゴールデンコースを選択しました(何かカン違いしているかもしれない)。

(1)副都心線渋谷駅
 一番新しい地下鉄路線の駅だけあって,コンコースや案内表示など,全体に造りがアカ抜けていますね~。省エネ対策で吹抜けが設けてあったり,将来乗り入れ予定の東急東横線の線路がホームの真ん中に敷設済みだったり,見所テンコ盛り。

 

(2)浅草
 何といっても東京を代表する観光地だから,東京ネイティブの比率が極端に低いのは相変わらず。目に付いたのは人力車で,雷門前では,車夫さんが車を曳かないで客引きをしていました,なんちゃって。本当に多かったよ。
 右下は,人力車に乗った新郎新婦に群がる人々。私もその一人。

 


 

(3)隅田川クルージング
 浅草から日の出桟橋までは約40分の船旅。吾妻橋から勝鬨橋まで,全部で13の橋をくぐるのだそうな。
 感心したのは,航行中の見所を説明してくれるガイドさん(女性)。親しみやすさと解りやすさを兼ね備えたアナウンスで,服装,スタイルとも隙がなく,目と耳の両方を飽きさせません。写真はないので,興味の沸いた方,ぜひご乗船を(笑)。

 


 

(4)レインボーブリッジ
 初めて徒歩で渡ってみました。芝裏側入口から台場側入口まで1.7kM。ストイックに歩けば30分弱の距離を,写真を撮ったり,キョロキョロしながら約1時間。幸い風がなくて暖かい日だったので,Tokyoベイサイドの景色を堪能することが出来ました。あらためて東京ってすごい街ですな~。

 


 

(5)お台場
 お台場周辺を,デートコースとして若者に独占させておく手はありません。新宿からりんかい線の直通電車が通って,交通の便も良くなりました。
 考えてみれば,東京湾を囲んでたくさんの人が住んでいるにもかかわらず,海と陸の接点の多くは産業用に使われていて,埠頭,倉庫街,コンテナヤードほか,一般人が近寄りがたいものになっています。臨海部の公園は,ほとんどは車がないと気軽に行けないところにあり,憩いの場としてより,ほかに使い道がないからとりあえず公園にでも…,という発想で造られたように感じます。
 そんな中で,お台場に人が集まるのは,交通至便で海と親しめる,東京では貴重な場所だからでしょう。今日の夕日は「線香花火のような」&「焼きが入るような」絶景でした。(我ながら陳腐な表現;_| ̄|○)


 


 

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください