「紫陽花」は高知に咲いていた

 先日,松居孝行さん作曲の「紫陽花」について,ギター二重奏曲の楽譜を探している,という記事を書いたところ,思いがけず何人かの方から反応をいただきました。

 楽譜の掲載元を知っている,楽譜を持っている,サークルで流行っている,ご自身の演奏をMySoundにUPしている・・・,などなど。

 すごくありがたく思ったのと,皆さんが,この曲をとても大事にしておられることが分かり,何だかとても嬉しくなりました。(みなさん,ありがとうございました!)

 そこで,お礼と言ってはナニですが,以前,毎日.jp(毎日新聞)に掲載された,この曲を広めたギターデュオ「いちむじん」と作曲者の松居孝行さん,そして「紫陽花」をテーマとした記事を紹介します。

 今年の2月ごろ,「紫陽花」で検索して見つけた記事を保存していたもので,3者の関連と松居さんの正体(?),そして「紫陽花」の出自がプロの文章でまとめられています。

 ペーパーの新聞でいう地方版のコラムのような扱いの記事でしたが,今日時点で検索すると,同サイトからは既に削除されているようです。記事の引用とか著作権とか,難しいことはいろいろあると思いますけど,もう時効でいいですよね,毎日新聞さん。


(2009年2月某日の毎日.jpに掲載された記事を,そのまま掲載しています。)

【支局長からの手紙:師弟のハーモニー /高知】

 「将来の目標はプロです」。8年前、学生服の初々しい高3がクラシックギターを携え、支局を訪れました。コンクールで銅賞に輝いた山下俊輔さん(24)です。取材しながら内心で「そんな簡単なもんじゃないよ」。ところが……

 今月13日、県立美術館ホールの舞台に山下さんは立っていました。県立岡豊高時代の同級生の宇高靖人(うだかやすひと)さんと一緒です。既にCDを5枚出し、現在、人気上昇中です。3月末に始まるNHK朝の連続テレビ小説ではBGMを演奏します。デュオ名は古い土佐弁で一生懸命を意味する「いちむじん」です。

 2人は高校時代に松居孝行教諭(39)の手ほどきでギターを始めました。松居教諭はコンクール優勝歴のある国内有数のギタリストです。今も同校でギターを教え、指導力には定評があります。

 演奏会を前に最新CD「Scene」を買いました。特に気に入ったのが抒情的な「紫陽花」です。作曲は莉燦馮(リサフォン)さん。2人にこれまで7曲提供しています。中国系の人かなあ。すてきな曲を書くなあ。今回の演奏会でその正体が明かされました。「莉さんというのは、僕らの高校の松居先生です」

 松居さんは2人が桐朋学園短大(東京)に進学する際、助言しました。「クラシックギターの二重奏は無いに等しい。狙い目だ」。しかし、デュオを組んだものの、コンクールで芽が出ません。別の催しがきっかけで、教え子のために初めて作曲したのが「夜更来(よさこい)変奏曲」です。必死でした。高校時代に作曲の基礎を学んだのが役に立ちました。

 04年、2人はこの曲で日本重奏ギターコンクールに挑みます。クラシック界では演奏と作曲は別物という考え方が主流です。「『演奏家・松居』が作った曲ではコンクールでの評価が低くなる」。考えたのが、愛娘2人の名前をもじった「莉燦馮」でした。2人は期待に応えて優勝し、念願のプロの道へ。

 松居さんは教え子のために作曲を続けます。2曲目が「紫陽花」です。小学生の時に見たあじさい街道(高知市春野町)の切ない美しさを曲に込めました。「少ない音で伝えたいことを表現できた。こじゃんとしっとり系の曲です」。学生時代に迷った末、プロの演奏家ではなく、教師の道を選んだ松居さん。今は「夢にも思わなかった」作曲家として活躍し、聴く人を酔わせます。「1曲1曲違った作風の曲を書いていきたい」

 演奏会のアンコールでサプライズがありました。松居さんの登場です。手にはギターではなく、二胡。親指を痛めてこの数年、ギターを弾けず、二胡をマスターしました。待ち望んだ師弟初の共演です。豊かな音量、深い余韻。松居さんは二胡の演奏でも聴かせます。共演最後の曲は「紫陽花」でした。

 夢をかなえた教え子。当初とは違った夢を見つけた恩師。舞台で山下さんは語りました。「松居先生がいなければ僕らはいませんでした」。師弟が奏でる夢のハーモニーに客席で胸が熱くなりました。【高知支局長・大澤重人】

関連記事:

Follow me!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL