Currently browsing

2月 28, 2015

結局、毎日を一生懸命に生きるしかないということ

長考の末、妙なタイトルを付けてしまいました。  突然ですが、筆者の連れ合いである家人Bとは、私が28歳、Bが25歳のときに出会いました(既に遠い目)。  きっかけは職場の同僚の誘いでありまして、「きれいなオネーサン達と知 …