Currently browsing category

身体, Page 2

後ろから迫ってくる緑内障からどう逃げ切るか

先週金曜日は、2カ月に一度の眼科定期受診日でした。 主治医は瞳先生。持病は緑内障。 検査、診察、処方はいつもと同じでしたが、ちょっとズシンと来たのは以前から懸案だった手術の日取りが大まかに決まったこと。 緑内障の進行具合 …

筆者の老け顔について

「最近、老けたね」 ・・・家人Bが筆者に言う。まじまじと顔を見ながら。  もちろん自覚はあるので気もならないが、今、自分的に加齢がらみで一番(なんだかなぁ~)と気にしているのは、目に涙が溜まり易くなったこと。 (これって …

医療放浪者のパラソル

耳が遠くなると風邪をひかない。風が吹けば桶屋が儲かる式に最近の調子を表現するとそうなる。  片耳難聴の治療のため西洋医学~漢方~鍼と、医療上の放浪をしていることを先日書いた。  毎年この時期、年末から年始にかけて風邪が長 …

鍼治療とは血行が良くなるものと見つけたり

 先日、予告したとおり、難聴、耳鳴りのため、鍼治療に行ってきました。第1回のレポートです。  予約時間の20分前に行って、まず受付して問診表に症状などを記入した後に、短パンで診療ベッドに横になりました。  初めてなので、 …

このまま東洋医学の深みにはまるのか

 左耳の難聴と耳鳴りについて、普通の病院での医療は一旦脇に置き、漢方を試していることは先日書きました。  その後も、同じ漢方薬局で処方してもらった煎じ薬を服用し続け、聴力改善に効果があることはそこそこ実感できましたが、服 …

西洋医学から漢方にシフトだ

 10年来の難聴と耳鳴り(左耳)が旧盆頃からひどくなり、とても不快かつ仕事などで不自由を感じるので、今回は文京区小石川の漢方薬局を訪ねてみました。 小石川三好漢方薬局  なぜ漢方なのかを説明しだすととても長くなるので、こ …

薬漬けの身体で献血はできるのか

(献血と服薬に関する正確な情報は、日赤又は献血センター等で確認を!) 献血を続けて早いもので40年。  いよいよ80回の節目を迎えるべく、先週日曜日は渋谷のハチ公前献血ルームを訪ねました。  最近は、2か月に1度ほど日赤 …

かくして追加された第二の目薬は・・・

昨日は、二ヶ月ぶりのアレであった。 一ヶ月ぶりのアレではない、一応男子なので。 アレとはこの場合、緑内障の定期検診を指す。 いつもの病院、いつもの眼科でのこと。催眠術を掛けるのが目的としか思えない例の視野検査の後に、瞳先 …

レベル低過ぎでタイトル付けようがない話

5月に引っ越しをした関係で緑内障のかかりつけを新居近くの病院に切り替えました。今日が初めての通院。規模的には前に通っていた病院より少し大きいくらいのところです。 診察自体は、視力、眼圧、眼底ほかを診る眼科としてはごく普通 …

病気すると説教がしたくなるか

人は誰しも健康が大切と分かってはいても、普段どおりに当たり前の日々が続いていると、得てしてそれを忘れてしまうものでございます。(なんだなんだ、このしおらしい書き出しは) 先週は火曜日の早朝に突然、具合が悪くなって布団から …

緑内障の早期発見に朗報

以前にも何度か書きましたが、緑内障が私の10年来の持病でありまして、眼科で処方してもらった目薬を面倒くさいな~と思いながらも毎朝、毎晩、律儀に差し続けています。何故なら目が見えなくなるのはとても怖いから。 緑内障は、網膜 …

時代の最先端と古き良き伝統

一昨日、母が入院しました。昨年秋の心臓疾患に続いて今度は呼吸器系の異常。今年86歳ですからまったく何が起こるかわかりません。 で、病院の話です。今回、母が入院したのは縁あって本郷の東京大学医学部付属病院。 若い医師たちが …

口中の撮影は固くお断りします

昨日は,約2年ぶりに歯医者に行きました。 焼酎漬けの梅を食べていて勢い余って種まで噛んでしまい,知らないうちに虫歯になっていた奥歯が半分ほど欠けてしまったという情けない状態だったもので。 職場近くのT歯科は,インフォーム …

γ-GTPとGA

先日行った献血の結果が葉書で送られてきました。検査成績は生化学検査、血球計数検査とも、いつもと比べて大きな変化はありません。もっとも大きな変化があったら困りますがね。 日赤の標準値から外れているのは、γ-GTPとグリコア …

限界を超えるとそこは別世界

いやはやすごい話があるもんです。だれもが可能性として抱えていても普通は起こらない。ないと信じたい。あったら大変。ホントに死にたくなるかも。 「31歳にしてうんこを漏らしました」Censorable log この話を戦慄し …

夏に向けて・・・

ちょっと悩んでいることがありましてね。恥ずかしながら言ってしまうと、それは「ひじの黒ずみ」キャ~! これから半袖の季節になると、他人の腕やひじを見る、いや目に入る機会が増えますよね。何がイヤって、混んだ電車なんかで中高年 …

予防接種で蘇るトラウマ

本日は,インフルエンザ予防接種の注射をしてもらいました。たしかHA型とかいってましたな。 職場の総務から「受けたい人は,手を挙げて。ただし抽選だからね!」とメールが来たので,手を挙げたら当たっちゃった。 流れ作業的に打っ …

胃袋はミノなり

今週のビッグイベントは,月曜日の胃カメラ検査でした。お盆前に食べ物を飲み込むと食道付近に若干の痛みと,擦られるような感覚があったもので。 やばい病気じゃなかろうか,保険に加入しときゃ良かった,などとクヨクヨしながらの受検 …

老眼鏡はまだ早い

やっと夏らしい天気が続くようになりましたね。今日はメガネを新調しました。  若い頃からの近視と乱視に,言わずもがなの老眼が加わって,本当にややこしい目になった。何にしても職場で書類やPCのディスプレイを見る時に,糸のよう …

勤め人は目が命

 齢,五十数年を重ねると,いろいろ具合の悪いところが出てまいります。同年代で,健康診断や各種の検査において,何も引っ掛からない人がいると,私はその方を「化け物」と呼ぶことに決めています。当然,私は多数のダメ出しを喰らって …