Currently browsing category

身体

人間を救うのは人間、四十数年間の献血

本日は、久々に献血の話を。 何を隠そう筆者は若いころから献血を生業、もとい趣味としてきました。   1 前置き  ・・・趣味というのは悪い冗談として、200mlの全血献血を初めてしたのが学生のとき。以来我が身の …

幸せホルモンで健康寿命を伸ばす

本日は健康の話。ただし、恥ずかしながらラジオで聞いた話などの受け売りです。    平日の朝は、最近までニッポン放送の「高嶋ひでたけのあさラジ!」を、出勤前の身支度をしながらよく聴いていましたが、残念ながらこの3 …

線維柱帯切除術を受けてきました(感想編)

 11日間の入院生活を終え11/03(金)に退院しました。50年ぶりの入院で、緑内障進行抑制のため右眼に線維柱帯切除術を受けてきました。    手術した右眼は点眼薬の影響もあってまだボヤケていますが、手術痕のゴ …

線維柱帯切除術を受けてきました(日記編)

 11日間の入院生活を終え11/03(金)に退院しました。50年ぶりの入院で、緑内障進行抑制のため右眼に線維柱帯切除術を受けてきました。    以下は、入院中の日記です。ちょうど行われていたプロ野球の2017日 …

緑内障治療のため50年ぶりの入院、手術へ_2/2

 前回は、10月末に緑内障治療のために受ける眼科手術とそれに伴う入院について、主治医の瞳先生の説明を書き留めるつもりが前振りだけで終わってしまいました。 なので、今日はさっそく本題。 以下、手術や入院について瞳先生から受 …

緑内障治療のため50年ぶりの入院、手術へ_1/2

齢61にして50年ぶりに入院することになったので、今日と次回でその周辺事情を。    そもそも人間の身体は世の万物と同じく原子、分子から成り立ついわゆる物質、すなわち「モノ」であります。モノというのは、経年によ …

眠ったと思ったらビクッ!となる人、集まれ!

皆さんは、寝ている最中にビクッ!となって目が覚めることはありませんか? 最近筆者は、通勤電車の中でそうなって恥ずかしい思いをすることがよくあります。   筆者が今、通勤で使っているのは京浜東北線。 乗車時間は片 …

後ろから迫ってくる緑内障からどう逃げ切るか

先週金曜日は、2カ月に一度の眼科定期受診日でした。 主治医は瞳先生。持病は緑内障。 検査、診察、処方はいつもと同じでしたが、ちょっとズシンと来たのは以前から懸案だった手術の日取りが大まかに決まったこと。 緑内障の進行具合 …

筆者の老け顔について

「最近、老けたね」 ・・・家人Bが筆者に言う。まじまじと顔を見ながら。  もちろん自覚はあるので気もならないが、今、自分的に加齢がらみで一番(なんだかなぁ~)と気にしているのは、目に涙が溜まり易くなったこと。 (これって …

医療放浪者のパラソル

耳が遠くなると風邪をひかない。風が吹けば桶屋が儲かる式に最近の調子を表現するとそうなる。  片耳難聴の治療のため西洋医学~漢方~鍼と、医療上の放浪をしていることを先日書いた。  毎年この時期、年末から年始にかけて風邪が長 …