思い出深い岐阜で鵜飼を見てから犬山の明治村へ

最近、私生活上のモットーとしていることがありましてね。それは・・・、  ◆行きたいところに行き  ◆会いたい人と会い  ◆食べたいものを食べる  そんなことを考えるようになったのは、定年を過ぎて残り時間が少なくなったせい […]

人間は悪を持っていても善の総量はそれに勝る

このところ長い投稿が続いたので、本日は手短に。 先日、書店の立ち読みでこんな言葉を見つけて少しドキッとしました。 「人間の「善」が、常に「悪」よりも先んじてほしいものです」  ◆手塚治虫(1928-1989:漫画家) 筆 […]

半世紀近く前の演奏会で弾いた曲とその時の思いとは

今回は、筆者の若かりし頃のギター演奏をお聞きいただきます。  内容は、学生時代に所属していた「古典ギター研究部」の定期演奏会の抜粋でありまして、先日、八ヶ岳山麓にクラブの先輩を訪ねた際に、一緒に行った同窓のB氏が持ってき […]

昨今の自転車事情とサイクルラックがよく壊れるワケ(電動アシスト自転車と3人乗りの周辺)

今回は、自転車に纏わる昨今の事情について。 ・・・と言っても趣味のそれではなく、街中を普通に走っている一般的、実用的なもの、いわゆる「ママチャリ」に関連する話です。 (写真はイメージ)    タイトルからして長 […]

31

最近読んだ本_2017/05

5月は、分厚い本が続いたので1冊だけ。 今読んでいる新撰組絡みの上下2巻ものは来月回しになります。やはり歴史ものは、苦手分野ですな。 有川浩「空の中」★★★★☆  著者の代表作である「自衛隊三部作」の第二作。国産初の超音 […]

四人のおっさんは八ヶ岳山麓で40年ぶりに何を語ったのか

この土日は、学生時代のギター部の先輩Wさん宅を訪ねました。同窓のB氏、I氏と予てから温めてきた足掛け4年越しの訪問です。 場所は八ヶ岳山麓、標高1200mの自然の色が極めて濃い別荘地。先輩宅の周囲に定住者は一世帯しかなく […]

後ろから迫ってくる緑内障からどう逃げ切るか

先週金曜日は、2カ月に一度の眼科定期受診日でした。 主治医は瞳先生。持病は緑内障。 検査、診察、処方はいつもと同じでしたが、ちょっとズシンと来たのは以前から懸案だった手術の日取りが大まかに決まったこと。 緑内障の進行具合 […]

いわゆる「小指を立てる」問題について

 過去を大きく遡ると、コーヒーを飲むときやコップを持つときに「小指を立てる」問題が日本社会に向け提起されたことがある。次いでやってきた波は、カラオケマイクを握ったときに「小指を立てる」問題だった。 ※写真は、「macar […]

16年ぶりのバンコク_2017/05

この連休にタイ王国のバンコクに3泊4日で旅行してきました。 2000年から2001年にかけて赴任して以来16年ぶりの渡タイだったので、とにかく懐かしいやら懐かしいやら。 以下、日程やエピソードなどを備忘を兼ねて簡単にまと […]

女性と男性の違いとは

世の中の女性一般について、男女を比べながら筆者が思うところをまとめてみました。 なお、言うまでもなく浅学菲才なる軽輩の意見につき、考察の浅さには半目を瞑ってくださいますように。   1生真面目  客観的な事実と […]