FUJINON XF60mmF2.4 R Macro で撮れる絵

やっとここに辿り着いた、というのが個人的な思いでありまして。

思い起こせば・・・・・

 

minolta、OLYMPUS、CANON、PENTAX、SONY、FUJIFILM…

今でもそれらのロゴを見たり、当時使っていた機種を思い出したりすると、青春、結婚、子育て、海外勤務、単身赴任、管理職、介護、定年退職…

その時代、その時の思い、その瞬間の空気の匂い、などなどが浮かんできたりしましてね。

 

 

スマホでカシャッ!が全勢の時代に、私はFUJIFILMのミラーレス一眼レフを手に入れました。
正確にはX-A2からX-T30への買い換え。勢いで単焦点レンズにまで手を広げちゃった。

標準レンズから先に進めない時代が長かったので、その反動でしょう。

 

 

XF16mm、35mm、60mmMacro・・・

あ、23mmもF2でいいので欲しいかも。
・・・って、きりがありませんが。いわゆる「レンズ沼」ってやつですな。

 

ハマるときにはハマるものだよ、明智くん。
人生は途轍もなく長いようだが、実はダックスフンドの脚のように短いのだ、分かるかな?

 

 

というわけで、この週末にドナって逝く、もとい、行くX-A2に60mmMacroを付けて試し撮りしてきました。場所は世田谷美術館。

腕はともかく、とても良い具合にボケるきれいな写りに顔がにやけました。

 

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください