半世紀近く前の演奏会で弾いた曲とその時の思いとは

今回は、筆者の若かりし頃のギター演奏をお聞きいただきます。

 内容は、学生時代に所属していた「古典ギター研究部」の定期演奏会の抜粋でありまして、先日、八ヶ岳山麓にクラブの先輩を訪ねた際に、一緒に行った同窓のB氏が持ってきてくれた写真及びデジタルデータから厳選(笑)したものです。

 ちなみに大元の音源は、四十数年前の録音テープ(オープンリール!)で、オリジナルの音質は雑音たっぷりの前時代的なものでしたが、文明の利器、デジタルの力(音声編集ソフト、後述)を借りて若干の編集と底上げをしましたので、なんとか聴き取れると思います。

 さて、当時の学生の素朴な演奏会の雰囲気を少しでも味わっていただければ幸いです。

 

1.ジーグ(マヌエル・ポンセ/組曲イ短調より)

 いきなり筆者のソロ。メキシコの作曲家ポンセがセゴビアのためにS.L.ヴァイス作曲として発表したギター弾きにはよく知られた組曲の終曲です。

 これを聴くと、この時が自分のギター人生のピークであり、かつテクニック的にも天井と限界を感じてしまい、何とも言えない気持ちになります。
 出だしから指がもつれているし全般に荒い演奏に終始していますが、手前味噌を覚悟で言えば、今では考えられないほど指が動いているし、それなりに思いのこもった演奏ではないか、・・・なんて。
 自分の楽器ではなく、後輩の「河野賢」を借りてステージに臨んだことも懐かしく思い出されます。弾き易くてよく音の伸びる良い楽器でした。
 しかし、今思えば上がり症の若輩が大勢のお客様を前にしてステージ上でソロを弾くのに、よくこんな難しい曲を選んだものだな~と。怖いもの知らずだったな〜と。
 ミスりながらもなんとか最後まで弾き通せたのは奇跡に近く、いわば「火事場の馬鹿力」的なものがその時だけ宿ったのだろうと回想する次第です(汗)。

 

2.シチリア―ノ(J.S.バッハ/フルート・ソナタ変ホ長調より)

 一般にはフルートとチェンバロで奏でられるバッハの名曲を、アルトG2台とバスGで演奏しています。

 大バッハではなくその息子の作という説があるくらい、緻密なJ.S.バッハの作品とは思えない抒情的な響きを持つ美しい小品。ギターに限らず筆者の好きな曲のひとつです。
 この演奏は、当時神様のように見えた先輩3人による重奏であり、今風に言えば「パシリ」だった1年生の筆者は、当然ながら参加していません。
 実は、この4年後に筆者世代の同輩3人で同じこの曲を同じ編成でやったことがありましたが、どうにも敵わない・・・、と悔しくも気付いた(筆者だけかもしれないが)のを思い出しました。
 ・・・という次第で、このたびは大先輩に敬意を表してのアップとご理解ください。

 

3.交響曲第40番第一楽章(W.A.モーツァルト)

 モーツァルトの作品の中でも「アイネクライネ」、「トルコ行進曲」と並ぶ有名曲ではないでしょうか。プライムのほかにアルト、バスを入れた18人編成で演奏しています。

 この曲、当時「哀しみのシンフォニー」という題名のポピュラーとして流行っていました。確かシルビー・バルタンでしたね。
 筆者はプライムの3rdパートだったと記憶していますが、そんな流行りの曲の演奏に自分も参加できるなんて、と感激しながら弾いたのを覚えています。・・・純粋だったな(汗)。
 耳触りが良くギター合奏に無理のない部分だけに端折った編曲なるも、管のパートにアルトGを充てるなど、原曲の雰囲気を大事にしたとても良い編曲だと思います。演奏も上々の出来でした。

 

【まとめ】
 今になって大昔の自分の演奏をブログにアップするとは、懐古趣味以外何ものでもありませんが、古い写真&音源を大切に取っておいてくれたB氏と、今回使用した音声編集ソフトWavePad(個人使用はFree!)のような身近なIT技術には、深く感謝したいと思います。ありがとうございました。

関連記事:

Follow me!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL