就職活動とプリンターの関係

投稿者: | 2015.10.13 (火) 22:01

最近、プリンターってずいぶん安くなったんですね。

 以前から(あったら便利だろうな~)ぐらいには思っていましたが、目先の就活用に自宅で履歴書が印刷できたら重宝するだろうと、ビックカメラに行ったついでに売り場に出ていたお薦め品を何となく眺めていたら、その値段に釣られて思わず即買いしちゃいました。

 なにしろ、インクジェットで画質は中の上、コピー&スキャニングもできる機種が、型落ち品につきなんと税込1.4万円で手に入るんですよ、そこの奥さん!

 

 ・・・しかしまあ、以前から言われているとおり、インクは相変わらず高価ですね。カートリッジ1本が、およそ千円弱。高。

 だいぶ以前に使っていたプリンターは、赤、黄、黄、黒の4本仕様でした。今回求めたものは、それにライトシアンとライトマゼンタが加わった6本仕様(-_-;)。たぶん綺麗な色を出すためだと思うけど、ちょっと多すぎやしませんか。

 セットで買うとお安くなりますったってあ~た、2セット買うともうすぐ本体に手が届く、ってどういうこと?

 そんな状態だから、販売店のプリンター消耗品売り場には、純正品の後ろに隠すようにリサイクルものが置いてあったり、補充用のインクを廉価で売っていたりするんだ。そういうニーズがあるのは、至極当然のことなんよ、うん。

 

 さて、悪いところばかりでなく良い点もあります。

 それは、データの送り込みが無線でできること。初回のセッティングが少々厄介ですが、プリンター周りの配線がすごくすっきりするし、一旦落ち着けばなに不自由なく印刷できます。セットが完了して、テスト印刷が上手くいったときには、「オ~ッ!」と一人ウェーブしちゃいました。

オホン、オホン、
こんなことで感心してちゃいけない世の中であることは、百も承知であります(汗)。

 

閑話休題。

 ヒタヒタヒタと、まるで目に見えないクラウドの如く目前に迫っている己の求職活動&再就職。以前受講したセミナーでは、履歴書及びそれにも増して職務経歴書が重要、などの説明を聞きました。そろそろ制作にかからなくては。

 ということで、来年1月以降の本番に向け必須のツールとして購入したプリンターですが、まずは使い方を覚えてなんぼだな~と思い、手始めに私用の名刺を作ってみました。

ウム、簡単にできるじゃん。なんて便利なんやろ。

 あと、自慢じゃないけど長年にわたりペン書きを続けてきた毎年の年賀状も、今年はプリンターでチャチャっと楽しちゃおうかな~、などと構想も広がりますが、それはそれ。

 ・・・そうこうしているうちに就活が得意の泥縄にならぬよう、ここは自ら誓いを新たにしまして本稿を締めたいと思います。今回も、ご精読ありがとうございました。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください