70年前に放たれた閃光はいま・・・

戦後70年。
節目の年にこの衝撃的な短歌に出会ったのは、何かの縁なのでしょうか。

おそらくは 今も宇宙を走りゆく 二つの光 水ヲクダサイ

 ほんの70年前、地球上の小さな島国の愛すべき二つの街を一瞬にして壊滅させた核爆弾の閃光は、今も宇宙のどこかを進み続けている。生を求める人々の叫びに追いかけられながら、永遠に。

 作者は岩井謙一さんという戦後生まれの方だそうです。

 何度も書くけど、人間は、意見が合わないから、自分たちと同じでないから、もっと○○が欲しいから、等々いろいろな理由をつけて喧嘩を何度でも繰り返すアホな動物。

 ・・・そう思いたくはないけど現実にはそうらしい。

 懲りること、学習することを知らないとしたら、途轍もない業を背負った動物ですね。

 日本にも戦争の影がちらほら見え始めている昨今、せめて核兵器だけは20世紀で懲りたと思いたいです。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください