近未来のこと

突然、後ろから背中を押され、己の意志に反して一歩前に出てしまった。
または、
気がついたら皆が一歩後ろに下がっていて、鈍重な自分だけが前に出ていた。

少し気が早いけど、そういうことらしい。

同じようなことが、随分前にもあった。
傍も本人も後で後悔したような気がする。

でも結局は、自分の器の中で足掻くだけだ。
逃げられないなら、せめて顔は上げていよう。

どんな結果が待っているにしろ、後悔する頃には忘れている。
その点は年を取るのも悪くない。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください