夏休みの絵なし絵日記_2013

投稿者: | 2013.08.18 (日) 22:51

 13日(火)から今日18日(日)まで6連休の夏休みを取りました。遠出や大きなイベントはありませんでしたが、暑さの割りにはそれなりに休養出来たかなと。

 何をして過ごしたか忘れないように書き留めておきますので、普通のおっさんのつまらない日常ですがよろしければお付き合いください。

8月13日(火)
 午前中、K病院に行き父母の様子を見つつ、父の一時帰宅を前にリハビリの先生、MSWさんに挨拶する。
 午後、池袋にて献血(74回目、血漿)。問診の医師に「緑内障があるなら無理することはない」と言われたが、「目標100回!」と説明したら途端に諦め顔になった。目が据わっていたかも知れない。
8月14日(水)
 午前中、家の中の片付け。とりあえず午後の一時帰宅仕様で止めておく。
 午後、着替えほかを持ってK病院へ。スイカ、桃、バナナなど生の果物がおいしいようである。
 午後4時、父一時帰宅。病院のMSWさん+リハビリの先生+研修生、ケアマネさん、住宅リフォーム担当者の総勢5名を連れて戻ってきた。嬉々として家の中を見て回り、約1.5時間で迎えの車が来てお帰りになられた。まるで殿様だ。
8月15日(木)
 午前中、病室にて父の散髪の介添え。前回と同じ理容師さんだったので、細かな注文をする必要もなく、手際よくやってくれた。
 午後、出勤。前日に暖かい気遣いの電話(断じて出勤の強要ではない)をもらったので20時頃まで仕事をしてきた。
8月16日(木)
 以前から予定していた自分自身のメンテナンスデイ。
 8:30から虎ノ門で人間ドック受診。胃カメラコース、骨密度測定オプション付きで、予定より約2時間早い11時頃終了。今回は経鼻内視鏡だったので比較的楽だった。
 新橋で豚角煮麺ランチ。空腹に小ビールが染みた。
 午後、予約していた用賀の眼科で緑内障の診察。点眼で眼圧コントロールはうまく行っているが視神経の壊死は0にはならず、ゆっくりと着実に進んでいる。
 夕方、三軒茶屋の皮膚科に向かうも玄関扉には「お盆休診」の貼り紙が。ガ〜ン残念。肘の黒い膿疱を取ってもらい汚いオッサンを卒業しようと思ったが、楽しみは取って置くことにする。
 夜は、自宅にて家人B、Cの手料理で寛ぐ。調子に持って飲み過ぎ食べ過ぎ、夜中に腹痛で悶絶する。
8月17日(土)
 家人Bと池袋サンシャインの「ルピシア グラン・マルシェ2013」に行く。早い話がお茶専門店のお祭り。客層の9割が女性。各種お茶の試飲コーナー、軽食コーナー、各販売ブースとも盆休み中の休日とあって大盛況だった。
 ポイントサービスでフレーバーティーなどのサンプル会員登録もしっかりしてきたので、ひとつ楽しみが増えた。
8月18日(日)
 夏休み最終日。買い物(OKマート)、久々の自作カレーのほかは特筆すべきことなし。
 これを書きながら明日からの仕事モードに備え、頭と気分をクールダウンしている。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.