レベル低過ぎでタイトル付けようがない話

5月に引っ越しをした関係で緑内障のかかりつけを新居近くの病院に切り替えました。今日が初めての通院。規模的には前に通っていた病院より少し大きいくらいのところです。

診察自体は、視力、眼圧、眼底ほかを診る眼科としてはごく普通の内容で、今日、初診で診てもらった先生が担当医になってくれるらしく、2ヶ月後に視野検査の予約をして帰ってきました。

で、その眼科の先生のことなんですけどね。女性で名前がなんと瞳さん。
眼科の瞳先生。

名札を診て思わずニヤニヤしちゃいました。怪しい患者ですな。

それと眼科で初診のときには、目薬で瞳孔を全開にして眼球の中をライトで照らして覗かれるんですけどね。

瞳先生は、サービス精神旺盛なのかどうかは分かりませんが、
「右横を見てくださ〜い♪」、「右斜め上を見てくださ〜い♫」、「真上を見てくださ〜い♩」、「左斜め上を見てくださ〜い♬」と、片目8方向×両眼の16フレーズを抑揚付けて歌うようにやってくれるもんだから、またニヤニヤしちゃった。

それも顔が接近しているときだから、ますます怪しい。

オホン。
緑内障は、視野欠損が徐々に進行し、末は失明の可能性さえある恐ろしい病気です。早期発見、継続治療でしっかり管理しましょう。

でも、病院に通う楽しみもなくちゃね。今度の病院、楽しみあり過ぎで困ったな(大汗)。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください