SANYO ICR-RS110Mはなかなか

先日、買ったラジオ付きICレコーダー(SANYO ICR-RS110M)が、とても重宝しています。

便利な点を挙げてみると・・・

  1. 再生ファイル形式がMP3、WMAに対応している。
  2. microSDカードが8GBまで使える。
    • 1,2は、デジタルオーディオプレイヤーとして必要十分の仕様です。ランダム再生が出来るので聴き飽きることもありません。
    • iPodのような操作性、おしゃれ度は望むべくもありませんが、斜に構えた中高年にはむしろ安心できる雰囲気を持っています。ただし液晶ディスプレイはもう少し大きくないとだめ。目が糸になります。
  3. 胸のポケットに入る本体サイズ。
    • 薄型携帯電話とほぼ同じ大きさで電池込み約92g。持ち歩くにはこのくらいが手ごろでしょう。
  4. AM、FMラジオがボタン一発チューニング。
    • 以前使っていたラジオがダイヤルチューニングだったので、快適この上ないですね。
    • ポケッタブルでAMが聴けて録音機能付きのラジオorレコーダーは、機種が本当に少ないので希少価値があります。絶滅危惧種と言わせていただきましょう。
  5. パソコンと接続して、USBで充電できる。
    • これはいまどき当然でしょうね。バッテリーはエネループ(単3)が付属ですから、ヘタっても交換可能という安心感もあります。
  6. 会議の議事録作成が、テープ起こしでできる。
    • まだそのような使い方をしたことはありませんが、いざというときは仕事にも使える強みがあります。
  7. ポケットに忍ばせ、やばい会話を録音し相手の言質を取る。
    • ケンケン笑いをしながらこれを実践したら、ただの性格悪いおっさんですな。

パソコン、Windowsとマッチングがとれているので、いろいろ応用が利いて使いやすいですね。というより今の時代では、それは最低条件かもしれません。

ところでこの製品の最大の売りは、単体でラジオ番組のタイマー録音ができることですけど、今のところその機能は使っていません。何故なら、留守録はその時間帯を通して良好な電波状態を保つ必要があり、平日の昼間そんな気遣いが出来る状況にあれば、自分でボタンを押して録音してます。移動中はなおさら無理でしょう。

ネタがおいしそうと思って食べてみたら、意外にシャリが旨かった握り寿司ってところですかね。

そんなわけでラジオ番組の録音には、パソコン側で Radika を使っています。インターネットラジオが録音できるフリーソフト。もちろん留守録も可能で、データはmicroSDカードに取り込みます。出力ファイルはMP4、AAC、FLV形式なので、ICR-RS110Mで聴くには mp4 to mp3 のようなソフトでにMP3に変換してから。これがひと手間ですが、現在の環境では仕方がないようですね~。

ということで、いろいろ試行錯誤しながら楽しんでおります。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください