六義園のアジサイ

駒込の六義園。実家から近かったので小学校時代は、遠足の定番でした。

 六義園は、五大将軍徳川綱吉の信任が篤かった川越藩主柳沢吉保が元禄15(1702)年に築園した和歌の趣味を基調とする「回遊式築山泉水」の大名庭園です。
 明治期に入り、三菱財閥の創業者岩崎弥太郎が購入、1938年に東京市(現東京都)に寄贈され、一般にも公開されるようになりました。
【入園パンフ及びWikipediaから抜粋】

おっとここにも岩崎弥太郎の影が・・・。

肌寒くて今にも泣き出しそうな空の下、サツキやシダレザクラで有名な和風庭園の片隅で、数種類のアジサイが控え目に咲いていました。

六義園(東京都文京区)
 六義園(東京都文京区)
ミヤマヤエムラサキ(美山八重紫)
 ミヤマヤエムラサキ(美山八重紫)
コアジサイ(小紫陽花)
 シチダンカ(七段花)

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください