向島百花園

投稿者: | 2009.06.21 (日) 08:02

 梅雨の晴れ間。東武電車に乗って向島百花園に行ってみました。よくある「殿様のお庭」ではなく,江戸時代に民間人が造った庭園。名前のとおり,一年中,花が絶えないそうです。

 私のような中高年カメラマンがたくさん来ていましたが,こじんまりして落ち着いた園内でした。

日々流転的備忘録
 日々流転的備忘録

日々流転的備忘録
 日々流転的備忘録

日々流転的備忘録
 日々流転的備忘録

【上左】スミダノハナビ(墨田の花火) 粋な名前ですね。命名者に座布団一枚。
【上右】ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙) よく見る花だが,漢字で書くとすごい。
【中左】日陰で休憩していると,近所のご隠居さんの江戸弁が聞こえてきました。
【中右】「タバコを止めると太るってぇのはさぁ,口寂しくて甘いもん食べちゃうからなんだよ」と言いながら,美味しそうにふかすタバコ。け,煙いんですけど…
【下左】ザクロ(柘榴) 実は,種が多いことから多産・豊穣の象徴。
【下右】ハナショウブ(青海波 せいがいは) アヤメ,ショウブ,カキツバタの区別がつきません。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください