地デジは何が何やら

 昨日,東京に帰ってくる新幹線の車窓から,年賀状に使えそうな写真が撮れました。(その気はありませんが。)

 やはり富士山は,高さ,姿とも日本一の山ですね。

 日本一の高さといえば「東京タワー」,東京タワーといえば「東京スカイツリー」,東京スカイツリーといえば「地上デジタル放送」,という訳で,2011年7月のアナログテレビ放送の停止が迫ってきましたね。(強引?)

 自宅は集合住宅につき管理者任せなので,切り替えについては,それほど心配していませんが,問題は実家。一軒家,且つ,マンションが密集している難視聴地域なので,アナログからデジタルへの移行について,どういう方法をとれば良いのか。傾向と対策を,近所の家電量販店でリサーチしてみました。

 結論的に方法は2つ。
(1) 屋根に地デジ用のアンテナを立てる。
(2) ケーブルテレビに加入する。

(1)は,アンテナ&設置工事費が約5~6万円。ブースターが必要な場合はプラス2~3万円。後の費用は,メンテナンス費程度。
(2)は,加入金&引き込み工事費は21000円だけど,視聴料として月額4200円を延々と払い続ける。

 もちろん,地デジ対応のテレビ受像機またはチューナーは別途必要。電波の強度を測る作業も有料ということで,何れの方法にしても結構な経費がかかることが分かりました。

 電波の状態さえ良ければ当然,(1)にするのだけど,東京タワーから来るデジタル電波の強度は,測らないと分からないし,2011年8月の東京スカイツリー開業の暁には,アンテナの向きをを東京タワー方向から,スカイツリーのある押上のほうに変えなければならないそうな。

 ケーブルテレビのメリットは,天候などに左右されない安定した受信状態と多彩なチャンネルプログラムらしいけど,父母とも「今と同じ番組が見られれば充分だよ」と,多チャンネルには何の魅力も感じていません。

 要するに,これだけの経費と手間をかけるメリットっていったい何?と思った次第で,84歳になる父が「オレの寿命を考えて決めてくれ!」とのたまうに至っては,とりあえず現状維持でいいや,というのが今日の結論。しばらくは様子見ということで。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください