肝試しはギターで

今日は,久々に人前でギターを弾きました。お客様は4人。いつも昼食を食べている食堂で働く人たち(全員女性!)に,無理やり頼み込んで聴いていただいたという次第。演目は数少ないレパートリーから厳選して「これしか無い!」(これしか弾けないの意)という4曲でした。

□月光(F.ソル)
□デサフィナード(A.C.ジョビン)
□素朴な歌(佐藤弘和)
□元気になれそう(久石譲)

お借りした場所の残響の強さに救われましたが,何か所もミスをして,拍手はいただいたものの,自分で満足のいく曲は,ウ~ム・・・,皆無。「元気・・」が少しは良かったかな,という程度で,とても人様にお聴かせするレベルではないことを痛感しました。

特に「デサフィナード」はまだまだで,左手の押さえ方が途中で分からなくなるという情けなさ。曲が身に付いていない証拠ですね。でも,題名の意味である「調子っぱずれ」は充分に表現できたでしょう(大汗)。

急にどういう風の吹き回しかと言うと,9月に人前で弾かなければならない羽目に陥っているのです。これ,結構なピンチかもしれません。

食堂の皆さん,お付き合いいただいてありがとうございました。手に汗を握らせて,すみません。私にとっては,とても良い肝試しになりました。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください